<< December/2018
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
さて、GW以来、4ヶ月ぶりのダイビングですよー。
今回は、伊豆大島1泊2日で予約を入れていたのですが・・・。
まぁ、前日の日記の通り、西伊豆・黄金崎の日帰りに変更になりました。
台風来てても行くぜーってな、ショップの人の気合が伝わってきますwww

朝。
0530起床です、早ぇー。
色々準備して、やっぱりファスナーが開かなくて、他のこと準備して。
6時過ぎにキャリーをガラガラ引きながら出発。
池上線で蒲田へ。
蒲田ではまだみどりの窓口が開いていませんでした。
なので、指定券発売機を使って乗車券を購入。
[乗車券のみを購入]で、伊豆急線蓮台寺まで買う事が出来ましたわ。
ホントは保土ヶ谷分割にすると安いんだけど、メンドくさかったので150円はJRにお布施することに(お

京浜東北線で1駅、川崎駅で乗り換え。
沼津行きは10両編成でしたが、なんとか座れました。
ちなみにこの電車、伊豆ダイバー御用達だったり(笑
向かいの座席に座ってる女性2人組もキャリー持ってますw
道中は・・・・・・ぐっすり寝てました。
ホントにグッスリ。
川崎から乗って、横浜駅に着いたのも覚えてません。
途中、藤沢だか辻堂だか茅ヶ崎だか、あの辺で目が覚めかかった気もしますが・・・。
その後は、熱海駅手前のトンネル内で、乗換案内が放送されてるあたりまでグッスリ。
熱海からはリゾート車に乗り換え。
山側ボックスを確保、伊東で海側ボックスが空いたのでそちらへ移りました。
しかし、車内から見る東伊豆の海はやはり波が立ってますね。
ところどころ白波が立ってたりとか、やはり台風の影響でしょうね。
蓮台寺到着。
てか、ダイバーが降りすぎ。
駅係員さんが「精算ない人は先に出て!」とプチパニックに陥ってました。

で。
目指すは黄金崎。
ここからさらにクルマで1hほどの移動になります。
ショップの用意したクルマにキャリーを積んで乗り込みます。
この日のガイドは一宮イントラ
んで、そのガイドで潜るメンバーは8名。
現地で1名合流って事なので、7名がクルマに乗り込みました。
道中では、まずは自己紹介にはじまり、現地の様子とかを聞いたり。
なんか山の中をドライブして、とても海に向かってるようには思えないんですけど・・・。
上り坂がやがて下りになり、平地になると視界が開けてそこにはベタベタに凪いだ海が!
スゲー!
西側はこんなに凪いでるんだ・・・。

黄金崎到着。
着替えて、機材準備して、まずは1本目ダーイブっ!
スロープになってて手すりもあるので楽々エントリです。
波もほとんどなかったし。
ってか、水が温かい!
もしかして、今まで潜った中で一番温かかったかも知れない。
と言うくらいに温かかったです。
インナーベスト着ようか迷ったけど、着なくても十分行けましたw

上がってきてお昼。
イイ感じにハラペコセイバー。
シロウ、ゴハンはまだですか。
蓮台寺駅前のコンビニで買ったおにぎりをやろう、さぁ召し上がれ。
と言うことで、昼飯はコンビニおにぎりでしたwwww

天気も上々。
昼飯を食って一休みして、いざ2本目です。
1本目より風が出てきて、波も少し出てきました。
ちょっと油断すると、すすーっと流されてしまいますw
1本目に比べて余裕が出てきたお陰か、いろいろ見る事が出来ました。
でも、ガンガゼ多すぎ(お
#ウニの一種。トゲが長いのが特徴で、そのトゲには毒がある。
#ダイビングの際には、コイツに刺さらないようにしましょう、痛いらしいです。

上がってきて、機材を軽く洗ってパッキング。
シャワーを浴びて着替えたころには、17時を過ぎていました。
帰りの準備をして、またまたクルマで1時間のドライブです。
と言うことで、3名が現地で解散、5名が蓮台寺へのクルマに乗り込みます。
・・・が。
道を間違えました(お
迷って迷って、なんとか蓮台寺駅に到着。
あと10分ほどで上り電車が来ると言うことなので、みんなで慌しく切符を購入。
イントラに別れを告げてホームへ。

やってきた伊豆のなつ号本物の伊豆急8000系に乗車。
もちろん、レッドアローの座席に座ります、リクライニングしないけど(笑
道中では、今日の思い出とかまた一緒に潜りたいですねーとか。
どこそこに行ってみたいとか、あっちもいいですよーとか。
ダイビング話で盛り上がってました。
話の勢いは止まらず、伊東で東京行きに乗り換えてからも続きます。
大船で2名、戸塚で1名が下車。
そして、ワタシは川崎で下車、残る1名は東京まで乗車だそうで・・・。
京浜線→池上線で帰還。
浴槽に機材類を漬け、自分はシャワー。
よし、寝るぜ。

●本日のベストショット
ムレハタタテダイ黄金崎の夕陽
(右:ムレハタタテダイの群れ  左:黄金崎の夕陽)

●ダイビングログ
DiveNo.29
黄金崎(コガネザキ) 凪 24.5℃ エントリ12:59→エキジット13:、42 最大14.7m
アルミ10L 200→90  ウェットスーツ/ウェイト5kg

DiveNo.30
黄金崎 小波 24.4℃ エントリ15:11→エキジット15:51 最大15.7m
アルミ10L 190→60  ウェットスーツ/ウェイト5kg

comments (0) trackback (0)









  
http://blog.minatch.com/tb.php?611
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face