<< August/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
そんなワケで、高速バスで一路目指すは名古屋です。
バスはほぼ定刻通りに、目的地の名古屋南ささしまライブに到着しました。
名駅まで少し歩くのが難点ですけど、それが安さにもつながってると思って割り切りましょう。

名駅のコインロッカーに出張道具(スーツとか)を突っ込んで、名鉄です。
6時台から2分間隔とか、やっぱ名鉄名古屋はカオスだなぁw
3本目となる急行新鵜沼行きに乗車して、終点を目指します。
高速バスでやや寝不足気味なので、ちょろんと睡眠補給しておこうと思ってたのですが。
これがなかなか寝付けなかったりして。

新鵜沼から鵜沼連絡で、高山線。
美濃太田から、本日のメインイベントとなる長良川鉄道です。
長鉄は土休日に限り1日乗車券が使えます。
北農まで片道1650円のところ、1日乗車券で2000円とか、だいぶ太っ腹です。
美濃太田の窓口が営業時間外でしたが、運転士さんに申し出ることで、途中の関で購入が可能です。
(ただし、この対応の場合は美濃太田→関での途中下車は不可)

時ならぬ混雑(沿線で高校部活の大会?があった模様)で立ち客も出る中、美濃白鳥ゆきに乗車。
高校生が関口と関下有知で高校生が下車すると、立ち客がいなくなって普通のローカル線に。
長良川を何度も渡りながら北上していきます。
この列車だと終点の北濃まで行かないこともあり、途中の郡上八幡で下車してインターバル。
駅にはふるさとの鉄道館という、ちょっとした展示スペースがありまして。
それを眺めたりしましたが、それだけで次の列車まで間が持つわけもなく。
ちょっと、郡上八幡城まで行ってみることにしました。

駅の観光案内のマップを頼りに、郡上八幡城を目指します。
ホントは散歩みたいにゆっくり歩いて、町並みを眺めながらってのがいいんでしょうが。
いかんせん、次の北濃行きの時間までには戻ってこなければなりません。
急ぐほどではないものの、決してゆとりがあるわけでもありませんので、あまり寄り道せずに。
登りの山道が結構キツかったものの、伊豆ウォークで鍛えられてますので、なんとか乗り切りました。
お城から見下ろした景色は最高でしたね。
いやぁ、ここまで来て正解でしたね。
で、城を下りて、城下町プラザなる拠点でお土産物を覗いてみたり。
ここでちょっとゆっくりし過ぎました。
北濃ゆきの発車時刻まで20分を切っています。
慌てて、早足で郡上八幡駅へと戻ります。
間に合わないようならタクシーを使うかと考えましたが、なんとか間に合いましたw

北濃ゆきに揺られて、長鉄の終点、北濃へ。
何があるってわけでもなく、とりあえず終点まで来ましたって感じですね。
ちなみに、途中の美濃白鳥からはワタシと地元のおじさんの2人だけでした。
北濃到着後、おじさんはそのまま何処かへ。
ワタシは、駅舎内で営業している花まんまという食堂?で昼食。
地元のお母さんが切り盛りしている感じで、そばを頂きました。

折返しの美濃太田ゆきで来た道を戻ります。
機会があれば、越美南線(北濃)~越美北線(九頭竜湖)の乗り継ぎとかやってみたいですね。
#ネットを探すと、乗り継ぎしましたってレポートがいくつか出てくる。
戻りは途中のみなみ子宝温泉で途中下車。
長鉄での来場者は列車の下車時に証明書を貰うと、入湯税の50円だけで温泉に入れます。
ワタシは1日乗車券利用でしたが、ちゃんと証明書を貰えました。

ゆっくりと温泉に浸かって、疲れを癒やします。
郡上八幡でそこそこ歩いたこともあって、気持よく入れました。
やはり温泉はいいものです。
お風呂あがりでほっこりしたところで、飲み物を飲んで一息ついて。
再び、美濃太田ゆきに乗車します。
ほっこりしていましたが、意識はしっかりしていて、寝落ちすることはなかったですね。

美濃太田着。
さて、名古屋へ戻るにはどうしようか。
鵜沼から名鉄で来た道を戻るのも芸がないと思い、太多線~中央線のルートを選択。
ただし、ココに来て眠気が襲ってきて、折角乗った太多線をほぼ全部寝ていたというね。
何のためにこのルートを選択したんだかw
多治見からは中央線で名古屋へ。
途中駅で市営地下鉄に乗り換えて栄まで行くか・・・とか考えましたが。
名駅のコインロッカーに荷物を入れていることもあって、終点名古屋まで。

コインロッカーから荷物を取り出し、H線で栄。
発車予告の「プルルッ プルルッ プルルッ」を聞くと、名古屋に来たなーって思いますよねw
栄からは徒歩で本日の宿へ。
日曜の夜とはいえ、素泊まり3800円で普通のビジホに泊まれるとは、ちょっと驚きです。
で、チェックインして荷物を置いて一息ついて。
さぁ、夕食のお時間です。

というわけで、名古屋の夕食といえば、黒豚屋らむちいです。
名古屋といえばここの味噌カツってのが、ワタシの中ではお約束になりつつあります。
ちなみに、このお店を見つけたきっかけは、確か、大した理由じゃなかった気がします。
でも美味いのでよし。
いつものネギ山盛りな味噌カツでしたが、相変わらず美味でありました。

で、部屋に戻って、途中で買ってきた氷結ロゼを飲んだところで就寝しました。

comments (2) trackback (0)
>ふ
おー、いいタイミングだったかも。
でも、雪が積もってるってのも、それはそれでオツなんですよねー。
| 37 | 2013/12/17 (Tue) 0:00 |
丁度行っておいて良かったかもですね。
今週雪が降って奥の方は積もったようですよ。
| fresh | 2013/12/13 (Fri) 15:02 |









  
http://blog.minatch.com/tb.php?3338
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face