<< June/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 36 | 次の7件>>
  
せっかくの4連休。
昨日は城に引きこもっていたので、今日は出かけましょう。
どこへ行こうか少し悩んで、思い立ったのがコレ。
東急全線乗り歩き。
東急さんは通年で1日乗車券を発売していますし、コレ行ってみますかね。

そんなワケで、渋谷で1日乗車券を購入して、いざ乗り鉄開始。
ルートとしては、こんな感じで回りました。

渋谷→三軒茶屋から世田谷線1往復→田都線中央林間→こどもの国へ寄って二子玉川
→大井町線大井町→戻って旗の台→池上線で五反田に寄ってから蒲田
→多摩川線多摩川→目黒線で目黒往復してから横浜
→運賃別払でみなとみらい線元町・中華街→東横線渋谷へ

いやー、乗り潰しましたねぇ。
記念に、東急線全駅+みなとみらい線で101駅のメモリールートを作ってみました。
お暇な方は、どうぞチャレンジしてみてください。

comments (0) trackback (0)
思い立って、東京近郊区間の西側外周を大回り乗車で乗り鉄してきました。
八高線~(横浜線)~相模線ですね。
駅メモ的にも埋められてないところだったので、行ってこようかな、と、

てことで、ほげほげと起き出して、高崎線で倉賀野へ。
そう言えば、高崎線の北部区間はドア半自動扱いなのですが。
どうも元・常磐線中距離ユーザからすると、どうにも発車のタイミングが掴めなくて。
今でこそ、常磐線でも半自動扱いをやっていますけども。
発車前は必ず全開扉するので、それをもって発車だなーという刷り込みがあります。

八高線はキハ110のワンマン。
首都圏で乗れる、数少ないディーゼルカーでゴトゴトと揺られていきます。
電車とはまた違う感じで、結構好きなんですよね。
高麗川からは電車に乗り換えて八王子へ。

横浜線で橋本へ移動して、相模線。
牧歌的というとちょっと言い過ぎかもしれませんが、のんびりした路線です。
厚木駅の旧ホーム、まだ残っているんですね。
新ホームが出来てだいぶ経ちますが、まだ取り壊してないんだ。

茅ヶ崎からは大船に出て、大船軒でそばでも・・・と思ったら。
北コンコースの大船軒、リニューアルのため閉店していました。
マジでか・・・。
すごすごと東海道下りホームへと向かいました。

あとはほげほげと帰還。
駅メモも出来たし、久しぶりに乗り鉄を楽しめました。

comments (0) trackback (0)
乗り歩き2日目、甲府の朝から始まります。
まず、目指しますのは上諏訪です。
ここでお気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが、はい、その通り。
2日目のターゲットは飯田線でございます。

上諏訪でビールを1本とつまみ少々、それに食料を買い込みまして豊橋行きに乗車。
スジが立ってるっていうのかどうか判りませんけども。
この列車、岡谷を除いて豊橋まで10分を超える長時間停車がありません。
途中での買い出しはほぼ不可能と判断しました。

しかし、飯田線はのんびり乗るには、ホントにいいところを走りますよね。
そして、予想はしていましたけども。
小和田は電波が届いてなく、前後もトンネルでまったくチェックインできず。
レーダ飛ばしましたとも。
他のキャリアは判りませんが、とりあえずauはダメだと思ったほうが良いです(エントリ日付時点)。
他の駅はチェックインでいけてます。

豊橋では乗換の合間にコンコースの売店であんまきを購入。
豊橋乗換の際には、必ず買っているような気がします。
ワタシの中では豊橋のイメージですが、確か、ホントは知立名物ですよね?
まぁともかく、ウマいので良し。

豊橋から掛川行きで、浜松へ。
浜松からは211系6連トイレ無しという編成の熱海行きに乗り継ぎます。
一時期は211系のみって組成は、長距離運用を避けてた気がしましたが。
最近はそうでもないのかな?

熱海からは快速アクティー小金井行きに乗り換えて、今回の乗り鉄も終わりだなぁ、と。
そんなことを考えながら、帰京しました。
飯田線、やっぱりいいですね。
そのうちまた行こう。

comments (0) trackback (0)
軽く、土日を使って1泊2日で乗り歩きに出掛けてきました。
1日目の土曜日は東日本編です。
実は未だに横軽バスとか乗ったことがなかったので、チャンスと思って行ってみました。

でも、普通に横川まで行くんじゃ面白く無い。
せっかく18きっぷで乗り歩きが出来るんですもの。
そんな感じで、常磐線~水戸線~両毛線で高崎へ。
道中、足利と高崎で駅メモ花火イベントもしっかり拾いましたw

信越を結ばない信越線で横川へ出てJRバス碓氷線。
2台運行となりまして、2台目にゆっくりと座りましたw
1台目は補助席までいっぱいだったみたいで、これで正解だったと思います。
でも、鉄道の時代に乗ってみたかったよなぁ。

軽井沢からはしなの鉄道で小諸へ。
小諸からはこちらも初乗車となる小海線です。
国鉄急行色をまとったキハ110系にあたりました。
意外とサマになってるじゃありませんか。
乗っちゃえば、中は普通のキハ110でした。

小淵沢からビューやまなしに乗り継いで甲府下車。
本日のお宿は甲府でございます。

comments (0) trackback (0)
出雲市から始まる、山陰旅行2日目でございます。
せっかく出雲市へ来たんですし、出雲大社にはお参りしておきたいですよね。
そんなワケで、一畑電車で川跡経由の出雲大社前。
駅から徒歩で出雲大社へアクセスして、厳かにお参り。
やや早目の時間だったため、人もあまり多くなく、ゆっくりお参りすることが出来ました。

その後、歩いて旧大社駅へ。
往時が偲ばれる、立派な駅舎ですねぇ。
ホームの方も見学して、保存されているD51も写真に収めます。
屋外で雨ざらしなので、ちょっと状態が残念な感じです。
雨除けの屋根があるだけでもだいぶ違うと思うのですが・・・。

出雲大社前駅に戻って、一畑電車で松江しんじ湖温泉を目指します。
これで一畑電車も完乗ですね。
こう言ってはなんですが、「想像してたよりも乗客は多いな」と思いました。
宍道湖を望みながらの車窓もいい感じですし、また来たいですね。
松江しんじ湖温泉から松江駅まではバスで移動しました。

松江駅前の一畑百貨店レストラン街で出雲そばの昼食。
そば好きのワタシとしては、どうしても食べたいと思い、ちょっと短時間ながらも堪能。
大変美味でございました。
今度はゆっくり味わって食べたいですね。
もっとも、そば自体が、あまりゆっくり食べるものではない気もしますけど。

松江からはアクアライナー、米子からはとっとりライナーで倉吉へ。
あ、ちなみにとっとりライナー車中と倉吉からのレーダーで倉吉線はチェックインしました。
山陰線の浦安付近からレーダー飛ばすと、倉吉線の山守とかまで取れましたよ。
んで、倉吉からはスーパーはくとです。
スーパーはくとに乗ることも、智頭急行線を通ることもはじめてです。
HOT7000系は、後から追加したのでしょうが窓側足元にコンセントがあり、大変助かりました。

途中駅を順調にチェックインしながら走っていたものの、途中で神戸線の遅延に巻き込まれました。
なんでも、遮断桿折損だとか。
まぁ、ワタシはこのあと帰京するだけですから、そんなに時間はタイトではありませんが。
結局、新大阪には約30分遅れで到着しました。

新大阪からは始発ののぞみ自由席を狙って東京へ。
のぞみ割増に繁忙期ってことで、自由席と指定席で1000円以上の価格差が・・・。
新大阪なら始発を狙えばいいしってことで、ココは節約しました。
新幹線から、京都チェックインと名鉄こどもの国のレーダーで、イベントも無事クリアっと。
往路のサンライズではばっちり寝てましたからねぇ・・・。

ッて感じで、無事に東京へと帰ってきました。
なかなか充実した山陰旅行でしたね。
またそのうち、ふらっと行きたいです。

comments (0) trackback (0)
サンライズ出雲の車中で目覚めました。
岡山がイベント対象駅なので、ココはチェックインしました。
その後ですが、駅メモで伯備線新見以南はチェックインしたことがあるので。
新見から起きて駅メモしようかと思って2度寝。
んで、起きたらすでに山陰線に入っておりましたとさ。

終点まで乗り通し、出雲市まで行って下車。
ここからは18きっぷになります。
山陰線で来た道を戻り、宍道から木次線に乗り換えます。
奥出雲おろち号に乗りたいと思ったのですが、サンライズでは間に合わないのですよ。
(サンライズで出雲市まで行かずに、宍道下車でも間に合いません)
なので、一般ローカル列車です。
それはそれで好きなんですけどね。

結構な乗り具合で宍道を発車しました。
途中の出雲坂根は3段スイッチバック、そしてここで奥出雲おろち号と交換しました。
生憎の天候でしたが、トロッコ車の方に乗っている方も結構いましたね。
終点備後落合からは芸備線に乗り換え。
みんな考えることは同じなので、写真撮影よりも次列車の座席確保を優先しました。
よって、備後落合の写真は全く撮れませんでした・・・。

芸備線三次行きで三次へ移動。
ワタシは三次から三江線に乗り継ぎますが、多くの人は広島行きに乗り換えてゆきました。
一旦改札を出て、コンビニで食料や飲料を調達しておきます。
んで、いざ三江線の旅です。

三江線ですが、廃止が噂される程度に利用者が少ないワケでして。
全線通しの有効列車は途中乗り換えも含めて1日3往復。
このうち、三次→江津の3本目、浜原乗換になる列車に乗車しました。
18きっぷシーズンですので、それらしき人がだいぶ見受けられます。
JR西日本のローカル線特有の速度制限を受けながら、江の川沿いを走ってゆきます。
ローカル線の旅としては文句なしの風情ですね。
途中駅ではケータイが圏外になる箇所もあり、駅メモerとしてはヒヤヒヤさせられました。
なんとか、前後の走行中にチェックイン出来たので、レーダは飛ばさなくて済みましたけど。

三次からの浜原行きは単行でしたが、浜原から乗り換えた江津行きはなんと2両編成。
運転士さんに確認したところ、2両目は終点も含めてドア扱いはしないものの乗車はOKとのこと。
てことで、遠慮無く2両目の適当なボックス席を確保しました。
途中の石見川本での長時間停車もありつつ、終点江津を目指します。
辺りはすっかり夜の帳が下りていますが、きっといい景色なんだろうなぁ。

江津からは山陰線で出雲市へと移動し、本日の宿へと入りました。
いやー、木次線に三江線、ローカル列車の旅を十分に堪能しました。

comments (0) trackback (0)
昨日のエントリにある通り、本日は実技試験でした。
昨日の練習の通りにやれば、何も問題はないはず。
まぁ、落とすための試験ではないので、その場でやり直しは効くのですけどね。
なんとかカタチにできて、とりあえずはひと安心。
あとは、ちゃんと合格していることを祈るだけです。

定時後、一旦城に帰還してシャワーを浴びるなどして、お出掛ける準備。
先日、サンライズ出雲のきっぷを確保することが出来まして。
ほんじゃ、木次線と三江線を乗りに行こうとプランを練ったわけです。
そんな感じで東京からサンライズ出雲のシングルに乗り込みます。

東京駅で購入したビールを軽くやりながら、駅メモ駅メモ。
戸塚あたりまでは駅メモで忙しくて、ろくに酒も飲めませんwww
藤沢を過ぎると駅間も空いてきて、いい感じに飲み進めます。
適当に酒を空けて、適当に眠くなったところで就寝しました。

comments (0) trackback (0)
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 36 | 次の7件>>
  
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face