<< July/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 36 | 次の7件>>
  
3人で合意していた時間に目覚ましが鳴動。
もそもそと起きだして、朝風呂へと向かいました。
あいにくの雨模様。
東向きで朝日が綺麗に見られそうなお風呂でしたが、残念ながらそれは望めませんでした。

朝食をいただいた後、送迎車で下船渡駅へ。
駅には交通整理員のオヤジさんがいて、どうやら気仙沼方面のBRT経路で事故があったらしいとのこと。
昨日乗ったBRTが下船渡到着10分遅れだったこともありまして。
今日は予定のBRTから1本繰り上げていたのが幸いしました。
繰り上げたBRTは陸前矢作始発のため、事故には引っかからずに6分ほどの遅れでやって来ました。
その前に来るはずの気仙沼始発は・・・途中79分遅れだとか。
ということは、当初予定だったBRTの遅れは・・・お察しですわな。

盛からは三鉄南リアス線。
今回は北上するだけの片道利用ですが、ワタシは支援も兼ねてフリーきっぷを購入。
平日のフリーきっぷは全線往復と同じお値段です(休日フリーは安め設定)。
クルマはクウェートからの災害支援で導入された36-700形。
新しいこともあって非常に綺麗で快適な車両でした。

釜石から宮古へは山田線ですが、震災の影響で運休中。
平行して走る路線バスの継走です。
釜石から道の駅やまだまでを岩手県交通で、雨中を北上します。
道の駅やまだ行きで幾ばくかの休憩、その後宮古までは岩手県北バスです。
とりあえず、山田線の釜石-宮古間の駅はバスからでも全部チェックイン出来ました。

宮古から再び三鉄、今度は北リアス線。
先ほどと同様に、フリーきっぷを購入します。
コロプラをやっているもとろ~によれば、「コロカの付いたフリーきっぷがある」とのことで。
こちらを求めてみました。
コロプラをやっていないみなっち、コロカはもとろ~へ譲渡ですw
ちなみに南リアス線でもあった模様、早く言ってくれれば・・・。

久慈から八戸線に乗り換え。
3両編成で久慈時点ではかなりの余裕っぷり。
ただ、時間が時間なので途中から高校生がたくさん乗ってくるんだろうなー、などと話していたら。
やっぱりそうなりました。
そうですよね、需要あるところに供給ありですよね。

八戸からは青い森鉄道、もちろん2両編成。
時間帯もあってかなりいい乗り具合、座れませんでした。
でも、ちょっと我慢すればすぐ座れるだろうと思っていた通り、三沢から座席を確保。
やはり地方の鉄道は通学輸送が中心なんだなーと思います。

青森駅でSANCHEと合流し、まずは夕食。
青森といえば味噌カレー牛乳ラーメン、味の札幌大西へとお邪魔します。
もちろん、味噌カレー牛乳ラーメンをオーダーし、存分に堪能しました。
やっぱ青森に来たらこれを食べなきゃね。
その後、青森まちなかおんせんでお風呂。
今夜ははまなすなので、今のうちにお風呂に入っておこうという魂胆です。

そして、いよいよ今回の旅行のメインターゲット、急行はまなすです。
B寝台を狙って行ったのですが、残念ながら取れず。
今回は指定席(ドリームカー)で、幸いにも4人まとまって取ることが出来ました。
これでみなっちの急行はまなす乗車経験は、B寝台、指定、自由と制覇。
残すはカーペットカーのみですが、これが1番難易度が高かったりして。
特に、廃止が発表された今となっては、もう取れないでしょうね・・・。

道中は駅メモを頑張ります。
津軽線の三厩方面も、なんとかレーダーとかを使って全駅取れました。
津軽二股とかまではチェックインで取れますしね。
しかし、この区間はトンネルが強敵でしたわ・・・。
ということで、この後は翌日のエントリへ続きます。

comments (0) trackback (0)
一応、タイトルは「はまなす旅行」と銘打ってはみましたが。
もちろん、ターゲットがそれだけというわけではありません。
メインターゲットは「はまなす」ですけどもね。
今回の旅行はもとろ~、わいいち、みなっちの3名に、はまなすだけSANCHEが加わる感じです。

旅の始まりは上野から。
もとろ~と合流し、新幹線に乗り込みます。
なお、わいいちは「仙台東西線に乗ってくる」とかいう理由で前日のうちに仙台入り。
無事の乗り初めを済ませているとのこと。
E2系のグリーン車(トク35が取れたのでw)で仙台へと向かいます。

仙台にてわいいちと合流、仙石東北ライン特別快速で石巻を目指します。
仙石東北ラインはハイブリッド車HB-E210系での運行です。
動力のの状態が判るモニタが車内に取り付けてありましたね。
他に蓄電池や排気筒があったりするのを除けば、最近のE721系とかと同じですね。

列車は快調に東北本線を北上。
見どころである連絡線を経て、仙石線に入ります。
今後、改良されるようですが、連絡線はだいぶゆっくり走行するのですね。
それにしても、電化区間同士を繋ぐんだから電車にすればいいのに、と思ったり。
もちろん、交直車が必要になるのは百も承知ですが、そこはほら、常磐線のお古とか。
流石にお古じゃカッコがつかないかw

石巻からは石巻線で女川へ。
今年の春にめでたく女川まで全線復旧しましたし、ぜひ行ってみたいなと。
震災からもう4年以上が経つわけですけども、まだまだ復興途上といった感じですね。
車窓からもあちこちに重機などが見えたことで、より強くそれを感じました。

女川からは石巻線で戻り、石巻を超えて小牛田方向へ進んで前谷地まで。
前谷地からは気仙沼線。
まずは鉄道で柳津へ向かい、柳津からBRTです。
BRTとは言っても、車両自体は普通のバスと代わりはないですね。
一部に観光向けの車両も運用されているようですが、一般車でした。

時間帯のせいもあるでしょうが、結局は気仙沼までバスで事足りる輸送量。
本数が増えているからという理由もあるとは思いますけどね。
鉄路での復旧はかなり厳しいのではないかな、と思わざるを得ません。

気仙沼からは大船渡線BRTにスイッチ。
こちらは時間帯のせいもあって、気仙沼発車時点でそれなりの乗り具合。
途中の高校から高校生がかなりの人数で乗り込んできて、立ち客もかなり出ました。
それでもバス1両で足りるわけですが、このくらい利用者がいるなら鉄路復旧もありかと思ったり。
もしかして、気仙沼線BRTも通学時間帯はそんな感じなのかな?

そんな高校生の多客もあって、目的地の下船渡には10分ほどの延着。
BRTとは言っても、流石に鉄道の定時性にはかないませんね。
下船渡からは宿の送迎車で本日の宿、大船渡温泉ホテルへ。

まずは温泉です。
すでに夜の帳が下りていたので眺めがよく判りませんでしたが。
海に向かって開けていて、どうやらかなり眺望は良さそうです。
じっくり温泉を堪能しました。

続いてお食事。
これがかなりのボリュームでしたよ。
そろそろ、以前ほど食事が入らなくなったみなっちですが、今日は久しぶりに食いまくりましたね。
それでも食べきれずって感じでした。
クイスGuitar-。

あとは部屋に戻って軽く飲んで就寝しました。
オフシーズンということもあるでしょうが、あの料理でこのお値段。
正直、おトクすぎやしませんかね。

comments (0) trackback (0)
ビックリ5スタンプラリー、来年2月末までなんですよね。
ボヤボヤしていると、気がつきゃ終わってるとかになりかねないと思いまして。
まずは上毛電鉄を消化してしまおうと考えました。
上毛へ行くなら、一緒に東武の伊勢崎線支線も乗り潰したいのがいいかな、と。
てことで、プランを組んで行ってきました。

地下鉄で浅草へ出て、ふらっと両毛東武フリーパスを購入。
この企画乗車券ですが、、茂林寺以遠のすべてが乗り降り自由というフリーきっぷ。
つまり、伊勢崎線系の支線がすべて乗り降り可能。
今回の旅行におあつらえ向きというワケです。

浅草からは急行大田行きで館林へ。
館林から、まずは佐野線で葛生まで1往復。
車窓は、平野と山地の境目を眺めながらという感じ。
山の方がいい感じに色づいてきていましたね。

館林へ戻ってきて、お次は小泉線。
まずは西小泉へ、こんなところと言ってはアレかもですが、有人駅なのは意外でした。
駅舎も思った以上に規模があって立派な感じでしたし。
その後は東小泉へ戻ってから赤城行きに乗り込んで太田へ。

太田からは伊勢崎線で伊勢崎を目指します。
それにしても、東武って近郊では割と男気ある走りっぷりを見せてくれるのに。
地方の、この、ダダ流しの残念な走りは何なんでしょうね。
道路と並走しているところで、クルマに抜かれるとか、もうね。

伊勢崎からは両毛線に乗り換えて桐生へ。
実は朝から両毛線は車両故障とかで一部区間で運転を見合わせていました。
ワタシ乗る予定だった両毛線も、もしかしたら遅れるかもなー。
そしたら、その後の旅程をどうしようとか、心配していたのですが。
幸いにして数分の遅れで伊勢崎駅を発車しました。
こういう時の情報収集にかなり役立ちますね、JR東日本アプリの在線情報。

桐生から西桐生へアクセスし、ここから上毛電鉄です。
まずは西桐生でビックリ5のデジタルスタンプをゲット。
んで、ビックリ5フリーきっぷに入鋏してもらって、初・上毛電鉄です。
中央前橋行きで終点まで。
中央前橋で、フリーきっぷを見せて改札を出たのですが。
改札係員さん(2人いた)の1人が、そそくさと事務室へ入って行きました。
あ、はい、それで正しいです、察したようですww
中央前橋のデジタルスタンプをゲットし、再び出てきた係員さんから景品を貰います。

そのままフリーきっぷを活かして、赤城まで逆戻り。
赤城からは再び伊勢崎線支線乗り潰しに戻ります。
というか、後は特急りょうもうで浅草まで戻るだけなんですけどね。
ただ、赤城駅は上毛委託のためかSuicaで特急券を買えなさそうな雰囲気。
窓口で聞こうにも、先客がお時間かかっているようで・・・。
てことで、それならほぼ間違いなくSuicaで購入できるであろう新桐生へ向かうことにしました。
幸いなことに、先発の各停東小泉行きに間に合います。

無事に新桐生ではSuicaで特急券が購入できました。
駅内の売店で酒とツマミを購入し、特急りょうもうの車上の人となります。
いやー、今日の乗り歩きはなかなか充実していたなー、などと思い返しながら。
酒を空けた後は、ところどころうたた寝をしつつ、浅草へ。
あとは地下鉄で帰還しました。

あ、特急りょうもうで寝てたトコロ以外は、駅メモも欠かしていませんので。
赤新駅ばかりでしたし、いい感じにでんこが成長しました。

comments (0) trackback (0)
さあ、今シーズンも始まっております、伊豆急全線ウォークです。
良かった、今年はなんとか、年を越す前に始めることが出来ました。

今回で12回目となるこの企画、みなっちは第3回(2006-2007シーズン)より参加しています。
第3回、第4回は伊東→伊豆急下田の片道設定。
第5回~第8回は伊東←→伊豆急下田の往復設定に変化。
第9回は、また伊東→伊豆急下田の片道設定に戻りましたが、2回完歩ボーナスあり。
第10回、第11回は、伊東→伊豆急下田の片道設定で、2回完歩ボーナスなし。
第12回(今回)は、伊東→伊豆急下田の片道設定で、2回完歩ボーナスありです。

過去ログは以下の通り。
・2014-2015シーズン 第11回(みなっち9回目)
第11回伊豆急全線ウォーク Episode01(2015/02/07)
第11回伊豆急全線ウォーク Episode02(2015/04/26)
第11回伊豆急全線ウォーク Episode03(2015/05/05)
第11回伊豆急全線ウォーク Episode04 完結編(2014/05/23)
第11回伊豆急全線ウォーク Episode04 完結編その後(2014/05/24)

・2013-2014シーズン 第10回(みなっち8回目)
第10回伊豆急全線ウォーク Episode01(2013/11/09)
第10回伊豆急全線ウォーク Episode02(2014/05/02)
第10回伊豆急全線ウォーク Episode03(2014/05/10)
第10回伊豆急全線ウォーク Episode04 完結編(2014/05/24)
第10回伊豆急全線ウォーク Episode04 完結編その後(2014/05/25)

・2012-2013シーズン 第9回(みなっち7回目)
第9回伊豆急全線ウォーク Episode01(2012/10/27)
第9回伊豆急全線ウォーク Episode02(2013/03/19)
第9回伊豆急全線ウォーク Episode03 完結編(2013/05/25)
第9回伊豆急全線ウォーク Episode03 完結編その後(2013/05/26)

・2011-2012シーズン 第8回(みなっち6回目)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode01(2011/11/05)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode02(2011/12/10)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode03(2012/01/09)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode04(2012/02/04)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode05(2012/04/28)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode06 完結編(2012/05/26)
第8回伊豆急全線ウォーク Episode06 完結編その後(2012/05/27)

・2010-2011シーズン 第7回(みなっち5回目)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode01(2010/11/06)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode02(2010/11/27)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode03(2010/12/23)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode04(2011/02/27)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode05(2011/04/29)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode06 完結編(2011/05/14)
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad 番外編(2011/05/24)

・2009-2010シーズン 第6回(みなっち4回目)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode01(2009/10/24)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode02(2009/11/28)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode03(2010/01/10)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode04(2010/01/31)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode05(2010/03/13)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode06(2010/03/27)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode07(2010/04/25)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode08 完結編(2010/05/22)
伊豆急全線ウォークChallenge Episode08 完結編その後(2010/05/23)

・2008-2009シーズン 第5回(みなっち3回目)
電車物語ラウンドトリップ Episode01(2008/09/15)
電車物語ラウンドトリップ Episode02(2008/10/12)
電車物語ラウンドトリップ Episode03(2008/11/02)
電車物語ラウンドトリップ Episode04(2009/01/25)
電車物語ラウンドトリップ Episode05(2009/02/15)
電車物語ラウンドトリップ Episode06(2009/03/07)
電車物語ラウンドトリップ Episode07 完結編(2009/03/28)
電車物語ラウンドトリップ Episode07 完結編その後(2009/03/29)

・2007-2008シーズン 第4回(みなっち2回目)
電車物語2ndSeason Episode01(2007/11/03)
電車物語2ndSeason Episode02(2007/12/01)
電車物語2ndSeason Episode03(2008/01/13)
電車物語2ndSeason Episode04 完結編(2008/02/23)
電車物語2ndSeason Episode04 完結編その後(2008/02/24)

・2006-2007シーズン 第3回(みなっち初参加)
電車物語 Episode01(2006/12/10)
電車物語 Episode02(2006/12/16)
電車物語 Episode03(2007/01/04)
電車物語 Episode04 完結編(2007/02/25)

これだけ記事数が増えてくると、「伊豆急全線ウォーク」カテゴリを作ってもいい気がしてきますね。

ということで、いつものように西武線から山手線を乗り継いで、東海道線所定列車に乗車。
熱海からはいつもの伊東線に乗り換えて、伊東駅下車。
改札横のベックスでモーニングをいただいて、さぁいよいよスタートです。

●第1区 伊東駅→南伊東駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊東駅出発:0810
今回はコース上にクイズがないんですねぇ。
ということは、最短コースを歩いても支障がないということでして。
指定のコースも何度か歩いていますし、まぁ行かなくてもいいかって感じですね。
そして、ここを歩くときにはいつものメンバーに写真を送るのが恒例。
当然、今回も写真を送っておきましたw
南伊東駅到着:0840・3159歩  距離:2.5km(累計2.1km)

●第2区 南伊東駅→川奈駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
南伊東駅出発:0850
南伊東では硬券入場券セットを購入。
今回も硬券入場券セットがあると言われれば、そりゃ買わない手はないでしょう。
コースとしてはサンドイッチ チェスを通るいつもの方向へ。
アップダウンはあるものの、山あり家ありで風景に変化があるので結構好きな駅間です。
川奈駅到着:0950・6963歩  距離5.4km(累計7.9km)

●第3区 川奈駅→富戸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
川奈駅出発:1000
指定は小室山の向こう側を回りこむコースでしたが。
どうしようか少しだけ迷って、結局、川奈ホテルコースを選択しました。
退屈なんだけど、こっちのほうが近いと思って。
今になってよく調べてみたら、実は小室山回りの方が数百mだけ短いんじゃないか疑惑が。
退屈な上に遠回りな方を歩いてたとか、目も当てられんわ。
富戸駅到着:1130・10653歩  距離7.0km(累計14.9km)

●第4区 富戸駅→城ヶ崎海岸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
富戸駅出発:1135
ちなみに、富戸にて鉄道ビックリ5スタンプラリーのフリーきっぷを購入。
券番が00151だったのですが、まさか富戸発行1枚目ですかね??
ウォーキングの方はいつものコースですわ。
そして、ようやくシーサイドビューのコースです。
今日はちょっと波が立ってて、やや「東映」気味でした。
荒波がざっぱーんっていうと、どうしても「東映」ですよね。
ところで、東映に限らず、映画会社のロゴって妙にアタマにこびりつきませんか?
20世紀FOXはもちろん、コロンビアのトーチ女神とか。
城ヶ崎海岸駅到着:1220・4971歩  距離4.5km(累計19.4km)

●第5区 城ヶ崎海岸駅→伊豆高原駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
城ヶ崎海岸駅出発:1225
所定で短いコースでしたが、それでも最短コースを歩いてきました。
この区間はあっという間ですよ。
電車に乗っていてもすぐですしね。
上り電車だと、車掌さんによっては熱海からの乗継案内をするのでしゃべりっぱなしだったり。
てことで、無事に伊豆高原に到着です。
伊豆高原駅到着:1255・3097歩  距離2.4km(累計21.8km)

ビックリ5スタンプラリーの方は、城ヶ崎海岸と伊豆高原で伊豆急コンプリート。
ウォーキングの区間賞を貰ったうえで、こちらも景品を貰います。
ちなみにウォーキングは改札窓口で受付、ビックリ5は観光案内所で受付です。
その後、観光案内所内で高原の湯の前売り券を購入。
さあ、温泉です。

やって来ました高原の湯。
伊豆高原まで歩いたら、ここに立ち寄ってひと風呂浴びてから帰るのが定番です。
今日もゆったりとお風呂を楽しんでおりました。
脚をマッサージとかしたりしてね。
ショートカットしていたとは言え、それなりの距離を歩いていますしね。
その後、ガストで独り飲み。
締めにチーズインハンバーグとか食べたりしてね。
久々に食べたからかもしれませんが、やっぱ美味かったです。

伊豆高原始発の熱海行きを捕まえて熱海へ。
熱海からは上京ラインにスイッチして、さあ帰京。
と思っていたら、対面の席に座った人、どうにも見覚えがある。
けんもでした。
わー、こんなところで会うなんて偶然じゃん。
なんて話をしながら、途中までご一緒しておりました。
やー、久しぶりに話ができて楽しかったぜ。

上京ラインからSSラインに乗り換えて、帰還しました。
伊豆急全然ウォークのスタートも切れたし、久しぶりの人にも会えたし。
今日は充実した1日でした。

comments (0) trackback (0)
先日、もとろ~とともにプランニングした宇都宮餃子を食べに行く会。
じゃ、スカイツリートレイン(以下STT)も組み合わせようってなりまして。
宇都宮で餃子→日光へ移動してSTTで帰京。
そんなプランが組まれました。
で、賛同者を募ったところ、合計6人が集まり、本日決行です。

で、みなっちですが、昨夜の酒が残りまくりで超グロッキー。
2日酔いも甚だしい、コレがなければどう考えても城で死んでるパターンです。
でも、一応言い出しっぺの1人だし、餃子は食いたいし、STTも乗りたい。
重い身体を無理やり起こして、なんとか集合列車として指定されたSSラインに乗り込みました。
車中、ずっとグッタリしておりました。

宇都宮到着。
以前食べた正嗣が大変美味だったのでまた食べたいと思って並んだのですが。
かなりの勢いで戦略ミスでした。
列の進み具合を考慮し、途中まで並びましたが断念しました。
まさかあんなに列が動かないとは思いませんでした or2
この後にSTTがある以上、ある程度のところで見切りをつけるしかなかったのです。

結局、駅付近まで戻って宇都宮餃子館に入りました。
正嗣が食べられなかったのは残念ですが、宇都宮餃子はいただけたので良しとしましょう。
この頃になって、ようやく食物に手が出せるくらいまで回復してきました。
6人で満足行くまで餃子を頂いて、1400円/人ほど。
まぁ、ビールとかライスとかオーダーしてた人もいることを考えれば、満足度は高いと思いますよ。

日光に移動して、買い出しを済ませて、いざSTTの旅。
とは言っても、ご承知の通りで種車は6050系の訳で。
足元から「ドコドコドコ・・・」と旧型車特有のCPの音が響いております。
行楽特急ですから、車中ではビールでも飲みたいところではありますが。
流石に2日酔い(だいぶ回復はした)なので、やめておきました。

途中の北千住で3名が分離、お疲れさまでした。
残る3名で終点の浅草まで。
列車名の由来となっている東京スカイツリーが見えてきたあたりになって。
「今から登りに行く?」という話が誰からともなく。
「なんで北千住の3人が分離する前にその話をしなかったのか」
「絶対、先に降りた3人に恨まれるでしょ!?」
ということで、今回はそのまま浅草まで乗車となりました。

浅草からは上野、池袋を経由して帰還しました。
午前中、全く機能していませんでしたが、良い小旅行でしたね。
またなんか理由を作って集まりましょう。
参加の皆さま、お疲れさまでした。

comments (0) trackback (0)
さて、伊豆で目覚めた朝でございます。
昨夜のうちに「8時起床を目標に」と合意形成がなされておりましたので。
それに従い、8時頃に起きだしました。
そして朝風呂へ。
露天へも出てみましたが、あいにくと小雨がぱらついておりました。

その後、レストランにて朝食バイキング。
バイキングはいけませんね、ついつい食べ過ぎてしまいます。
自分の好みのものばかり取ってしまうせいもあると思いますけどもね。
オムレツの実演調理とかやってて、何人かが作ってもらっていました。
そういうパフォーマンスがあるあたり、さすが元リゾートホテルだなぁと感心したり。

部屋に戻って荷物をまとめつつ。
まずハマの平四郎が、所用のため先行離脱しました。
お疲れさまでしたー、ぜひ来シーズンもご参加くださいな。
残る6名、ダラダラと準備をして、ホテルの送迎バスで河津駅へ。
河津からはアルファリゾート21で熱海を目指します。
今日は、昨日よりは伊豆大島がきれいに見えました。

熱海からは上京ラインで都内を目指します。
駅弁とビールを買い込んで、6人でまた飲み始めるわけです。
まさに、家に帰るまでが酷い夜ですwww
そのまま五月雨式に解散する感じになり、まずもとろ~がSSライン乗換のため平塚で分離。
その後、さりゅ、SANCHE、M.Hayashiと分離して、残るはわいいちとワタシ。
ワタシが東京下車で分離、わいいちはそのまま上野方面へという流れになりました。

で、上京ラインを東京で降りたワタシはどうしたかといえば、秋葉原です。
と言っても、流石に酷い夜の疲れがありますので、購入するものをサクッと購入します。
んで、速やかに秋葉原から撤収。
だいぶお疲れモードになりながら、城へと帰還しました。

今回もご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
相変わらずの酷い夜でしたが、楽しんでいただけたのなら手配したかいがあったというものです。
また来シーズンも、伊豆急さんがウォーク企画をやってくれることを願って!

comments (0) trackback (0)
【今シーズンの過去ログ】
第11回伊豆急全線ウォーク Episode010203
【昨シーズン以前の過去ログ】
第10回伊豆急全線ウォーク Episode01020304EX
第9回伊豆急全線ウォーク Episode010203EX
第8回伊豆急全線ウォーク Episode010203040506EX
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode010203040506EX
伊豆急全線ウォークChallenge Episode0102030405060708EX
電車物語ラウンドトリップ Episode01020304050607EX
電車物語2ndSeason Episode01020304EX
電車物語 Episode01020304

こうしてみると、過去ログも増えてきましたねぇ。
そろそろ独立カテゴリ化した方がイイかもしれません。
とりあえず、「潜水ネタ」よりはエントリが多いわけですし。

気を取り直して、今シーズンも最終回はお泊まりの回です。
このお泊り会の通称が「伊豆の酷い夜」で落ち着きつつあります。

参加者はこの通り →       

ウォークから参加は4名、泊まりのみが3名の、計7名です。
本日のスタートは今井浜海岸からです。
わいいちを除くウォーク参加者は、熱海から指定列車に集合。
アルファリゾートに揺られながら、本日のスタート地点を目指します。
なぜ今井浜海岸スタートかといいますと、本日の宿が今井浜東急ホテルだからなのです。
先に荷物だけ預けてしまって、身軽になって歩こうという算段でございます。

ホテルにてわいいちと合流。
なんとわいいち、2日連続2日目のウォークということで、実は今井浜東急に泊まっていたのです。
まぁ、伊東なり熱海までの交通費を考えると、それもアリって感じですよね。
荷物を預けて、いざ出発します。
ワタシは河津まで歩を進めてあるので、ここはまだウォーミングアップみたいなものです。

●第12区 河津駅→(稲梓駅)→蓮台寺駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
河津駅出発:1010
ここからが本領発揮というか、本番です。
いつものようにコンビニに寄ってからのウォーキング開始です。
駅前にセブンイレブンが出来て便利になりましたね。
寄ったのは少し先のファミリーマートでしたけれどもw
峰山トンネルまではキツい上りが続いて、その後はダラダラと下るコース。
いつもの手打ちそば竹安で昼食を頂きます。
テーブル席が埋まっていたので、初めて奥のお座敷席に通されました。
旨い蕎麦でパワーチャージしたところで午後の部に入ります。
稲梓駅入口を過ぎると、程なく蓮台寺駅に到着です。
駅手前で「特急 踊り子」の横サボ(行き先なし)の185系踊り子がやってきました。
これがウワサの我孫子踊り子って奴ですね。
蓮台寺駅到着:1420・23789歩  距離16.3km(累計76.5km)

●第13区 蓮台寺駅→伊豆急下田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
蓮台寺駅出発:1430
ここでゴール手続きの準備をするのも、いつもの光景となりました。
ササッと記入を済ませて、いざゴールを目指します。
下田駅付近の市街地に入ったところで、コースは川の向こう側を指定されました。
向こう側って歩いたことがなかった気がするので、新鮮です。
下田ロープウェイの駅を回りこんで、伊豆急下田駅に到着です。
今回も無事にゴール出来ました!
伊豆急下田駅到着:1510・4839歩  距離3.5km(累計80.0km)

今日だけウォークの2名は区間賞のみ、全線完歩のわいいちとみなっちは踏破賞の手続きです。
じゃんけんの結果、わいいちが861番目、みなっちが862番目の完歩となりました。
完歩記念のフレームも貰いましたし、リゾートドルフィンで河津へと戻ります。
河津まで10分ほどだというのに、しっかり前展望でハァハァしておきましたw

河津で他3名と合流して、本日のメンバーが全員揃いました。
送迎バスでホテルへと向かい、いざチェックイン。
割り当てられたのはメゾネットタイプのお部屋。
2階が和室で1階が洋室という作りで、なんだか誰かの家に来たみたいですw

んで、まずは温泉。
そんなに気温は高くありませんでしたが、1日歩いて汗かいてますのでね。
早くお風呂に入ってさっぱりしたいわけですよ。
1階にあるので、オーシャンビューというわけにはいきませんでしたが。
やはり広いお風呂にゆっくり入るというのは気持ちが良いです。
あぁー、1日歩いた疲れがお湯に溶け出して、カラダから抜けていくようです。

お風呂から戻って部屋でひと息ついて夕食へ。
レストランでオサレにディナー、たまにはこういうのもイイですね。
肉か魚かは各人の好みでオーダー、ワタシは魚にしてみました。
仕上げのデザートもお好みでいろいろ選べて、かなり大満足です。
それにしても、ゆっくりサーブされるためでしょうか。
食べた量の割にかなりお腹がいっぱいな感じでマンプクダー。

部屋に戻って、改めて飲み会になるわけですが。
驚く事なかれ。
今回のみなっちはオーラスまで起きていて、飲んでおりました。
散会になったところでベッドに入り、就寝。
ちなみに寝床は、2階の和室に布団が4つ、1階の洋室にベッドが2つ+エキストラベッド1つ。
身体サイズの都合上、みなっちはエキストラベッドになりました。
まぁ、ワタシとかりんの2人以外だと、きっと足がはみ出ますからね・・・。

comments (0) trackback (0)
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 36 | 次の7件>>
  
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face