<< May/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 36 | 次の7件>>
  
先日、わいいち城で運転会をやっていた時だったと思いますが。
「今度、郡山工場の公開があるみたいよ」って話になって。
そう言えば、郡山工場って行ったこと無いなー、と。
んじゃ、行ってみる? って感じに、郡山へ行くことが決まりました。

大宮から新幹線ということで、大宮駅で合流。
乗った列車は週末増発のやまつば、大宮の次が郡山という速達便です。
つばさは全車指定ですが、やまびこには自由席がありますので、こちらで。
わいいちと2人して、ずっと駅メモしてましたw

郡山で下車して、ほげほげと工場まで歩きます。
入場して、適当な順路で見て回りました。
E655系「和」が展示されていて、これはサプライズでしたね。
その他、休憩車両としてE231系が置かれていたり(というか直流車も入場するんですね)。
台車組立の実演を見たりするなどして、なかなか興味深かったです。

郡山駅に戻り、駅で紹介されていた大衆食堂にて昼食。
昼間っから軽く入れてしまいましたwww
食事の方は、オムライス推しだったので、それをオーダー。
美味しかったですよ、近所にあれば通うレベルで。

そして郡山からは水郡線、ワタシも久しぶりの乗車です。
3両編成のキハE130系に乗り込んで、わいいちとともにダラダラと過ごします。
無論、駅メモとかもやってますよw
みなっちは幼少の頃に大子町(最寄は常陸大子駅)に住んでいたことがありまして。
そこから水戸までは、だいぶ馴染みがあります。
なので、「中舟生」とかも読めますよw
※「なかふにゅう」と読みます。水郡線の駅名。

水戸近郊は立ち客も出る程度の乗り具合になって、終点の水戸へ到着。
駅近くの居酒屋にて軽く飲んでおりました。
なんだ、結局飲んでるだけの1日やんけwww
その後、わいいち・みなっちとも、それぞれの実家へと向かいました。
お互いに茨城県出身者だからこその旅程でしたとさ。

comments (0) trackback (0)
や、ホントは大宮工場とか行こうかって話だったのですが。
昨日、飲み過ぎたみなっちは見事に起きられず。
昼過ぎにほげほげと準備して、わいいち城へと向かいました。

てことで、さっそくシャーシャーやり始めるわけです。
なんだかんだで、結局、ブックケース6冊も持ち込んでおります。
ただ走らせるだけで、なんかこう、いいよなぁ。
癒されるって言うよりも、満たされるって感じです。

気がつけば18時を回っていて、夕食はどうするか。
まぁ、駅前に出て寿司とかつまみながら飲んできましたけどもね。
ラストに出された上がりがもの凄く、ホントもの凄く熱くて、ほとんど飲めませんでした。
ちなみにわいいちは、口の中を火傷した模様。

わいいち城に戻って、軽くシャーシャーして、就寝しました。

comments (0) trackback (0)
そんなこんなで、コテージの朝。
適当に起きだして、適当に風呂とか入ってました。
朝食は本館にて、とのことで、程なくやってきた送迎車で本館へ。
最近のホテルの朝食といえば、バイキングですわな。
マンプクダー。

コテージに戻って、ほげほげと帰りの準備。
本館でチェックアウトののち、送迎車で伊豆高原へと送ってもらいます。
どうも1晩お世話になりました。
たまに趣向を変えたい時には、また来たいなって思えるところでした。

高原からは黒船電車で熱海へ。
接続の快速アクティーに乗り換えて、あとは流れ解散。
小田原からロマンスカーに乗り換える面々がいたりとか。
ワタシは駅メモしたかったので、M.Hayashiにくっついて戸塚乗換。
んで、駅メモ稼いでから帰還しました。

今回ご参加の皆さま、大変お疲れさまでした。
来シーズンも伊豆急ウォークがあるならば、また企画したいと思います。
各位とも、スケジュール調整の上でご参加よろしくです!

comments (0) trackback (0)
【今シーズンの過去ログ】
第12回伊豆急全線ウォーク Episode010203
【昨シーズン以前の過去ログ】
第11回伊豆急全線ウォーク Episode01020304EX
第10回伊豆急全線ウォーク Episode01020304EX
第9回伊豆急全線ウォーク Episode010203EX
第8回伊豆急全線ウォーク Episode010203040506EX
伊豆急全線ウォークWonderfulRoad Episode010203040506EX
伊豆急全線ウォークChallenge Episode0102030405060708EX
電車物語ラウンドトリップ Episode01020304050607EX
電車物語2ndSeason Episode01020304EX
電車物語 Episode01020304

はい、今回もなんとか最終回にこぎつけております。
無事に今回もお泊り会でございます。

参加者はこの通り →       

内訳としましては、みなっちを含む4名がウォークから参加、3名が泊まりのみ参加です。
ウォーク組は、わいいちを除いて熱海から指定列車に集合。
アルファリゾート21に乗り込んで、河津を目指します。
途中の伊豆高原でわいいちが乗り込んできて、ウォーク組4名集合です。

●第12区 河津駅→(稲梓駅)→蓮台寺駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
河津駅出発:0945
さて、本日は河津からの最終コースとなります。
いつものようにコンビニで飲料水などを補給してからウォーキング開始です。
駅前にセブンイレブンもありますけども、いつものファミリーマートでに寄りました。
トンネルまでは上りが結構キツいので、馬鹿な話をしながら気を紛らわせます。
・・・もしかして、馬鹿な話をしてると余計に疲れる??
昼食はいつもの竹安で・・・と思っていたら、なんと閉店しておりまして。
まさかの、昼食を食いっぱぐれる事態に。
この辺り、他に飲食店は全くありませんからねぇ。
結局、蓮台寺駅付近のコンビニでおにぎりなどを適当に購入しました。
時間も時間だったので、軽く済ませる程度の量にしました。
蓮台寺駅到着:1350・25616歩  距離16.3km(累計74.7km)

●第13区 蓮台寺駅→伊豆急下田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
蓮台寺駅出発:1410
蓮台寺駅では、ゴール手続きの準備をして、コンビニで買ったおにぎりを食べたりしました。
コースマップを参考にしつつ、好き勝手に歩いていきます。
途中でクイズがないと、そんなものですよね。
今回も無事にゴール出来ました!
伊豆急下田駅到着:1445・4167歩  距離3.0km(累計77.7km)

今回の完歩者は北1010番街、わいいち、みなっちの3名。
厳選なるジャンケンの結果、みなっちは1252番目の完歩者となりました。
完歩記念の景品をいただき、完歩者コメントも記入。
いやー、やりきった感満載です。

黒船電車で折り返して伊豆高原。
今夜のお宿は、いつもとは趣向を変えて高原のコテージでございます。
あるいは、コテージならいくら騒いでも怒られないだろう的な。
高原で泊まり組と合流して、ホテルの送迎車に乗り込みます。
チェックイン後、再びホテルのクルマでコテージへ。

なんか、ホテルの敷地内にコテージエリアみたいなのがあるのを想像していたのですが。
案内されたのは、別荘地の中にある普通の別荘。
あー、なるほど。
つまりは別荘をホテルが買い上げて(?)、「コテージ」と称しているようです。
コテージのマップによれば、別荘地内にあちこち点在しているようです。

そんなコテージですが、お風呂はちゃんと温泉が引き込んでありまして。
ウォーク組優先で温泉に入らせてもらいました。
汗とかかいてますからね。
やっぱ温泉はいいものです、癒されるわぁー。

その後、夕食。
大盛りしゃぶしゃぶってことでしたが、マジで大盛り。
確かに、持ち込んだお酒が結構な量がありましたけども、それでもお肉が多いわ。
男7人で食べきれませんでした。
肉そのものは美味しかったので、残すのが大変もったいない感じだったんですがね。
クイスGuitar-。

で、そのまま飲み会になるわけですが。
みなっち、朝が早かったこともあり、即効で轟沈しました。
いやー、最近は駅メモのせいで、移動中の睡眠もままならなくなりまして。
それが、アダとなっていますねー(それがイヤだとはひと言も言ってない)。

comments (0) trackback (0)
実は、物心ついてから秩父鉄道に乗った記憶が無いのですよ。
よし、乗りに行こう。
そんなワケで、浅草から東武線に乗り込んで羽生へ。
羽生からは秩鉄のフリーきっぷを利用します。

てなわけで、羽生からまずは熊谷行きで熊谷へ。
熊谷からは後続三峰口行きで三峰口を目指します。
最初から三峰口行きでも良かったんですけどねー。
観光シーズンということもあって、立客も出るレベルの乗り具合でした。
秩父でパレオエクスプレスを追い抜き、三峰口へ。

どこか観光でもしていこうかとも思っていたのですが。
途中で見えた各地の混み具合を見て、今日はもう乗るだけでいいや。
そんな考えになり、三峰口から御花畑へ折り返して、そのまま西武線に。
西武は西武で、「○時までの特急は全て満席となっています」とか案内してるし。
ますます、「秩鉄も乗ったし、とっとと帰ろう」と思いましたね。

飯能行きは4000系かと思いきや、新2000系8連充当の多客対応。
西武秩父線といえば4000系だろうがよ・・・。
どうも、先日のKQから車両の引きが悪いです。
(今日の2000系は予想しとけよって言われれば、それまでなんですが)

飯能からは東急車のF快急にスイッチ。
いやー、快急はやっぱはえーわ。
飯能まで延々と各駅停車できたから、余計にそう思うのかもしれませんが。

一旦入庫の後、再出庫して池袋へ。
いつものメンバーで飲んでおりました、塚田農場で。
相変わらずのダメな会話で楽しんでおりました。
それにしても、池袋駅周辺の塚田って5店舗もあるんですね・・・。

その後、誰が言い出したのか、2次会はぎょうざの満洲へ。
池袋からだと、椎名町が1番近いということで、西武で1駅移動。
駅前のぎょうざの満洲で2次会してました。
3割美味かったです。

解散して、帰還。
GWだというのに集まっていただき、ありがとうございました!

comments (0) trackback (0)
昨日、実はわいいちと飲んでおりまして。
その場で、「明日は伊豆行くか」と決まりました。
今日は2駅しか歩かないので、初電ではなくて少しゆっくり出動。
伊東からの伊豆急下田行き車内にて合流します。
なお、車両はアルファでした。

●第10区 伊豆稲取駅→今井浜海岸駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆稲取駅出発:0940
山道ですねぇ。
さぁ、いよいよ歩き始めます。
コースマップなど全く見ていません。
参加記念だと思っているので、1枚は頂いて、城で保管はしているんですがね。
最近はWebからPDFで見られるので、コースを知りたいだけならスマホでもいいわけですし。
今回は見高入谷の方を回るルートが指定されていましたけども。
国道をショートカットするルートを取りました。
今井浜海岸駅到着:1100  距離9.4km(累計55.6km)

●第11区 今井浜海岸駅→河津駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
今井浜海岸駅出発:1105
こちらも、山側経由のコースが指定されておりましたが。
まぁ、海側の国道経由で行きますよね。
わいいちが「砂浜に降りてみたい」というので、そちらを回ってみましたけども。
あー、やっぱ海辺ってのはいいですよね。
しばらくダイビングにも行ってないし、どこか行きたいなぁ。
河津駅到着:1135  距離2.8km(累計58.4km)

河津駅近くで昼食、海鮮丼を頂きました。
いやー、やっぱ伊豆は海の幸が美味しいですよね。
軽くビールなどもつけつつ、美味しくいただけました。

帰京するにはちょっと早いということで、バスで天城越え。
何年かぶりに乗りましたけど、こんなにかかるもんでしたっけ(時間、運賃ともに)。
修善寺駅手前で事故渋滞にハマりまして、駅到着は10分ほどの遅れでした。
まぁ、路線バスですし、そんなこともありますよね。

修善寺からは伊豆箱根鉄道で三島へ。
途中駅交換で遅れが発生し、三島へ2分延着。
えーと、熱海行きは3分の接続なんですが・・・走りましたが間に合いませんでした。
てことで、後続の熱海行きに乗車します。
「混み合いましてご迷惑をおかけいたします、車内中程までお進みください」
そんなことを言うなら、増結すればいいんじゃないですかねー(熱海行き3両)。

その後、横浜でキャプテン、もとろ~を加えた4人で飲み。
いやー、キャプテン久しぶりだー。
それからダメな飲み会、そしてダメな吉村家へと続きました。
吉村さん家、久しぶりでしたが美味かったです。
酔ったあとなのでカロリー的な意味でヤバそうな気もしますが。

ようやく散会。
ワタシとわいいちは、KQに駅メモイベントの残りがあるということでそちらへ。
駅を拾いつつ、ワタシはE線に乗り換えて帰還しました。
今日飲んだメンバー、またよろしくです。

comments (0) trackback (0)
小田急ロマンスカー、VSEのみで実施されているシートサービス。
いわゆる「走る喫茶室」ってヤツです。
アテンダントさんが回ってきて、オーダーを取ってくれて。
オーダーしたものをバスケットに入れて座席まで持ってきてくれるというサービスなんですが。
今回のダイヤ改正で終了してしまうとのこと。
その後は、他のロマンスカーと同じくワゴン販売になるものと思われます。
で、それの名残惜しんで、VSE乗りに行かないかーとお誘いがあり。
明けでしたが遅めの時間にしてもらって、なんとか行ってきました。

参加者はいつもの4名、往路はEXEで箱根湯本を目指します。
EXE車は選んで乗りませんから、かなり久しぶりです。
んで、さっそく飲み始めるのもお約束でございます。
箱根湯本到着後はインターバルを利用して箱根湯寮へ。
ところが、送迎バスの運転手さんいわく「入場まで20分ほど待ちます」とのこと。
新宿時点で箱根湯寮クーポンを購入していたのがアダとなった形です。
そうと知っていれば、また別な手段も検討したのですが。

ともあれ、箱根湯寮へ向かい、20分ほど待って入場しました。
洗い場は混み合っていましたが、湯船はそれほど混雑を感じませんでしたね。
芋洗いなのも想定していたので、そこはひと安心。
それにしても、やっぱり温泉はいいものですね。
適当に上がって、箱根湯本駅へと戻ります。

復路は今回の目的であるVSEです。
シートサービスが主目的ですから、事前の購入は最小限にしました。
「乗ってからアテンダントさんが回ってくるまでのつなぎ」程度の量だけね。
んで、シートサービスでアルコールとか頼んで、持ってきてもらいました。
そして飲み始める4人。
シートサービスなくなっちゃうのは残念だけど、いやー、マンゾクした。

新宿到着後、更に軽くやって、ようやく解散しましたとさ。

comments (0) trackback (0)
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 36 | 次の7件>>
  
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face