<< June/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の7件>>
  
今シーズン2回目。
いつもの列車で伊豆へと向かいます。
池上線の2番電車→京浜線→東海道の乗り得列車、と。
川崎から座れはしたんですが、ヤラれた・・・。
横浜から乗ってきたババァご婦人3人組がうるさい事うるさい事。
よりによってワタシの後ろの席に陣取られたわけですが、この車両で騒いでるのはあんたらだけだよ!
女三人寄れば・・・とはまさにこの事かと。
熱海から伊豆急8000系で伊豆高原へ。
寝てたので良く判りませんが、やや遅れ気味で到着しました。
多客遅延ってワケでもないだろうし、なんだろ?

●第6区 伊豆高原駅→伊豆大川駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆高原駅出発:0815
例のごとく、いつものコースですwwwww
なんていうか、3回目ともなると、地図を見なくても歩ける気がします。
ちなみにこの区間、割と途中途中に自販機があるので、飲料の心配をしなくてもよい区間だったりw
まぁ、今日の最初の区間なんで、十分な量の飲料を持っていますけどw
伊豆大川駅到着:0930  距離7.5km(累計32.1km)

●第7区 伊豆大川駅→伊豆北川駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
伊豆大川駅出発:0940
一旦国道へ出てから、旧道へ戻るルートが指定されていますね。
神社の前を過ぎて、旧道へと登る道ですが。
「無国籍料理IKARIYA」の看板あたり、地図が非常に判りづらいです。
おかげでワタシは、指定のルートから外れて旧道に出ましたさ(お
多分、200mくらい遠回りしたよ or2
伊豆北川駅到着:1025  距離3.4km(累計35.5km)

●第8区 伊豆北川駅→伊豆熱川駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆北川駅出発:1030
っていうか、このコースのレベルを「A」とか行ってる担当者、表へ出ろ(ドナルド)。
どう見ても、北川駅前の急勾配は「A]ではないでしょうに。
そして、熱川駅で11時を迎えますが。
ト、トトロじゃなくなってるよ、チャイムが!
でも、やっぱり11時でした。
伊豆熱川駅到着:1100  距離3.3km(累計38.8km)

●第9区 伊豆熱川駅→片瀬白田駅 コースレベルC(急なアップダウンのあるコース)
伊豆熱川駅出発:1110
この区間、海沿いでなくて山側のルートが設定されました。
コレは新鮮ですね。
いきなり畑のど真ん中を歩いたりと、なかなか面白いコースでした。
片瀬白田駅到着:1200  距離4.3km(累計43.1km)

●第10区 片瀬白田駅→伊豆稲取駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
片瀬白田駅出発:1215
小休止の後、まだまだ歩きますよ。
もちろん、指定されたルートなど歩きませんwww
途中までは伊東方面ルートを逆向きに歩きます。
んで、途中からはマップの指示通りに。
逆向きを歩いてるときに、稲取から片瀬白田を目指していると思しき方とすれ違う事数度。
駅でも、休んでいる間に人が来たりしてるし、今日は参加者が多いですね。
まぁ、昨日の天気が悪かったし、3連休の中日ですしね。
伊豆稲取駅到着:1340  距離8.5km(累計51.6km)

さて、このあとですが。
いつもならば温泉に行くのですが、どうにも今日はそんな気力がありません。
程なくやってきた上り列車で熱海へと出て、東海道へ乗り換えました・・・。

蒲田から乗った池上線は、朝ラッシュ並の混雑でした。
あぁ、今日は本門寺のお会式だっけ。
疲れ切ってるワタシは、横目に見ながら城を目指しましたとさ。

↓今日の成果
伊豆高原→伊豆稲取

comments (2) trackback (0)
さぁ、今シーズンもやってまいりました。
伊豆急線の全区間を歩いてしまおうというこの企画。
第5回伊豆急全線ウォーク「電車物語ラウンドトリップ」です。
前回までは下田方面のみの一方通行だったのですが。
今回はなんと復路の伊東方面が設定されました。
いよいよ味をしめたか、伊豆急行www
みなっちは第3回(2006-2007シーズン)から参加しています。
ええ、もちろん、電車ピンズに釣られての参加なのは言うまでもありません。

過去ログは以下のとおりです。
・2006-2007シーズン 第3回(みなっち初参加)
電車物語 Episode01(2006/12/10)
電車物語 Episode02(2006/12/16)
電車物語 Episode03(2007/01/04)
電車物語 Episode04 完結編(2007/02/25)

・2007-2008シーズン 第4回(みなっち2回目)
電車物語2ndSeason Episode01(2007/11/03)
電車物語2ndSeason Episode02(2007/12/01)
電車物語2ndSeason Episode03(2008/01/13)
電車物語2ndSeason Episode04 完結編(2008/02/23)


本当は昨日行ってくる予定だったのですケド。
まぁ、ブログに書いたとおりぶっちぎりで寝過ごしたので今日になったわけです。
最初から今日行く予定をしていた北1010番街さんと一緒に行ってきました。

朝。
5時前に起床して、池上線と京浜線を乗り継ぎ。
川崎からは321Mという例の乗り得列車です。
#特急車両を使った普通列車。もちろん特急料金不要。
リクライニングを倒してぐったり寝てました。
ていうか、前運用がMLながらのせいなのか、空気がジットリしてますね・・・。

熱海で8000系に乗り換え。
ボックスシートでぐったりしてたら、北さんが来ました。
朝、出遅れたとかで幹線で追いかけて来たとか。
まぁ、朝の80分は貴重ですよねぇ。
適当にぐだぐだ話をしつつ、伊東で下車します。
そして改札横のドトールで朝食、Aサンドウマウマ。

●第1区 伊東駅→南伊東駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊東駅出発:0800
さて今回ですが。
3回目の参加と言うこともありまして。
敢えてマップどおりに歩かなくても良いだろうと。
と言うことで、今回の方針は「クイズを拾いつつ最短距離を行く」です。
そのため、距離は「参考表示」ですので、念のため。
準備運動とも言えるこの区間はサクッと終了です。
南伊東駅到着:0835  距離:2.7km(累計2.7km)

●第2区 南伊東駅→川奈駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
南伊東駅出発:0840
線路をくぐったところから始まる急な上り坂。
コレがもの凄くキツいことが判っていましたので。
この区間は「途中まで伊東ルートを逆トレス、クイズ手前で下田ルートに戻る」という戦略で。
曲がるところを間違えて、想定より手前で下田ルートに戻ったのはご愛嬌www
見慣れた(!?)東急ストアに到着です。
川奈駅到着:1010  距離6.4km(累計9.1km)

●第3区 川奈駅→富戸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
川奈駅出発:1020
あぁ、なんだ、またこのコースか。
という台詞がつい口をついてしまう、みなっち参加3回目にして3度目となるこのコース。
確かに他に歩くような道もないんですけどね。
でも、伊東ルートは別な道を歩くみたいでそっちは楽しみです。
そして、やっぱり最後の富戸駅へ向かう上り坂が大変でした・・・。
富戸駅到着:1150  距離7.3km(累計16.4km)

●第4区 富戸駅→城ヶ崎海岸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
富戸駅出発:1200
「クイズを拾いつつ最短距離を行く」という方針です。
ですので、この区間は伊東方面の逆トレスと言うことになりましたw
ちょうどお昼になったところですし、途中で昼食でも。
沿道のとん喜というトンカツ屋で昼食となりました。
いやー、ボリューム満点のランチでしたよ(とくにご飯)。
マンプクダー。
昼食休憩は約30分でしたので、だいたい標準時間で歩いた事になります。
城ヶ崎海岸駅到着:1320  距離4.5km(累計20.9km)

●第5区 城ヶ崎海岸駅→伊豆高原駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
城ヶ崎海岸駅出発:1330
さて、本日の最終区間です。
クイズの設定場所がイヤらしい感じですねー。
ということで、指定されたとおりのルートを歩く事になりました。
途中のどこかで間違えたのか。
気づけば高原駅の南よりの踏切に出ましたよ?
でもまぁ、ちゃんと駅まで到着できたのでいいかwww
伊豆高原駅到着:1430  距離3.7km(累計24.6km)

そしてこのあとは、例の如く温泉へと向かうわけです。
えきからほど近い場所にある立寄り湯「高原の湯」です。
ぬるめのお湯が好きなワタシは露天に入っていましたが。
北さんは「ぬる過ぎ」と行って内湯へ行ってしまいました。
内湯でも入れないほど熱いわけじゃないけど・・・。
まぁ、その辺は好みだからしょうがないかwww

んで、高原駅からリゾートに揺られて熱海へ。
熱海からは新幹線と言う北さんに別れを告げて、ワタシは在来線で。
歩いた疲れと、温泉でほっこりしてしまったので、しっかり寝ていましたw
川崎からは京浜線と池上線を乗り継いで帰還。
お疲れ様でしたー。

さて、明日はカラダがキツそうだ・・・。

↓本日の成果
伊東→伊豆高原

comments (0) trackback (0)
#昨日からの引き続きになります。

朝起きて朝風呂。
ちなみに、SANCHEにも声をかけたのだけど起きる気配なし。
仕方ないので放置してM.Hayashi、わいいち、ワタシの3人でフロへ向かいます。
朝風呂も堪能したところで部屋へ戻ります。
流石にSANCHE、起きてました。

バイキングの朝食を頂いて、送迎バスで駅へ。
R21で熱海を目指します。
例の如く東海道線が乱れているようで、ちゃんと帰れるのかな?

熱海では小休止をおいて、211系に乗り込みます。
熱海時点で10分程度の遅れを持っていたのですが。
車内放送で「遅延回復に努めます」というアナウンスにウソはありませんでした。
いやぁ、運転士さんの飛ばす事飛ばす事。
そして車掌さんが停車時間を詰める事詰める事。
110km/h走行は当たり前、発車メロディ1秒切りは当たり前。
川崎駅へはほぼ定刻で滑り込みました。
途中で"タレ"を持っていたとは言え、すげぇよ。
京浜線と池上線を乗り継いで、一旦入庫です。

その後、いろいろ準備して改めて出庫。
今さらながらQMA4の新規開校を確認してしまったので。
こりゃ行くしかないと目指すのは下赤塚。
池上線と山手線と東上線を乗り継いで下赤塚着。
駅の超真ん前でした。
てか、そして、ちゃんとQMA4でした。
先日でQMA4は最後の予定でしたが、今日が最終プレイですね。
と言うことで、卒業式を無事に済ませました。

んで、池袋へ戻って、のえ(id=280534)と合流。
のえから受け取るモノがあったので。
ってことで、とりあえずQMA5の入学式を。
おぉ、今回はシャロン様がグリグリ動くではありませんか。
でれ~ん。
特に、不正解時の悔しがるアクションに萌えるわぁ。
アメリア先生、眼鏡を変えたら随分と印象が変わりましたね。
現代風の細い眼鏡もお似合いですよ。

夕食は久しぶりに中本へ。
相変わらずの大繁盛で、寒い中待つ事になりましたが。
辛い! でも美味かった!
マーボが以前よりも粘度が低くなりました?
前はもっとネバネバッとしてた気がするのですが・・・。
そういや、中本って目黒に出店してるんですね。
目黒なら東急だけで気軽に行けるので、助かりますw

その後は池袋駅でのえと分離して、山手線と池上線で帰還。
お疲れ様でした。

comments (0) trackback (0)
【過去ログ】
電車物語2ndSeason Episode01 → 2007/11/03
電車物語2ndSeason Episode02 → 2007/12/01
電車物語2ndSeason Episode03 → 2008/01/13

さぁ、今期も完結編となりました。
河津から下田までの3区間を歩き、完歩です。
そして今回も、完歩記念で疲れを癒す事を兼ねて温泉で1泊。
ウォーク参加者のわいいち、今日だけウォークのM.Hayashi、温泉だけ参加のSANCHEです。

さて、毎度の恒例となりました373系普通列車321Mで伊豆へ向かいます。
熱海からは伊豆急8000系。
もちろん、321Mでまとまった席は取れるワケも無く、合流したのは熱海駅です。
熱海からはボックスを1つ占領して、河津到着です。
さて、今年もあの「団体/Dantai」が見られるかと期待していたら。
しっかりと「団体/Group」に修正されていました、がっかり。

●第13区 河津駅→稲梓駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
河津駅出発:0845
前回は線路の海側を攻めたわけですが、今回は線路の山側です。
今回の最長区間にして、マップのいい加減さも1番です。
つか、スタートからの距離が示されて無い時点でどうかと思うけどね。
コース難易度は峰山トンネルまではC、以降はAかな。
バガテル公園とかあの辺はキツいです、マジで。
川沿いに出てからは、なんとも言えない田園風景の中を歩きます。
途中の菜の花がとてもきれいでした。
でも、田園らしい単調な風景が続くので、1人で歩いてたらかなり退屈しそう(お
3人で歩いてからこそ、歩ききれたのかもしれません・・・。
そしてやっぱり、稲梓駅へ上がる階段がキツすぎだ。
稲梓駅到着:1210  距離14.0km(累計78.8km)

●第14区 稲梓駅→蓮台寺駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
稲梓駅出発:1225
稲梓では少し休憩+河津で買った食料を補給。
あぁ、稲梓駅周辺に食料を調達できそうな場所はありませんので気をつけてくださいね。
途中でコースアウトしたり、写真撮ったりしながらのんびり歩きました。
蓮台寺駅前の端を渡ってるあたりで、ふと。
「なんか雲行きがヤバげだなぁ」と誰ともなく言ったら。
まるでそれを見計らったかのように雨と風が!
しかも半端ねぇ。
慌てて駅へ駆け込む3人。
危ないところだったぜ。
蓮台寺駅到着:1330  距離3.5km(累計82.3km)

●第15区 蓮台寺駅→伊豆急下田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
蓮台寺駅出発:1345
雨が止まなければ、今日はここまでにして明日来るか?
って話もしたりしましたが、通り雨だったようで程なく雨は上がりました。
もちろん、このタイミングを逃すわけには行きません。
と言う感じで最終区間へ踏み出します。
ちなみに前回と同じコース。
構内の留置線に止められている車両を撮影して、ゴール!
伊豆急下田駅到着:1430  距離3.1km(累計85.4km)

駅事務室で完歩賞を受け取る手続きをして、完歩賞もゲットしました。
ちなみに、ワタシが991人目、わいいちが992人目の完歩者となりましたw
さて、今回の宿ですが。
前回と同じくホテル伊豆急を取りました。
前回泊まったときの満足度が高かった事と、物資調達のしやすさが選択理由ですwww
ちなみに、下田で合流予定のSANCHEですが。
例の強風の影響で電車が遅れている模様。
つーことで、ウォーク組3名で先にホテルへ向かいました。

チェックインして温泉。
とは言っても、みんなで温泉へ行ってしまうとSANCHEが来たとき困る。
てことで、私がお留守番に。
M.Hayashiとわいいちが先に温泉へと。
で、SANCHEが到着したところでSANCHEとワタシが温泉へ。
いやー、癒されるわぁ。

夕食の時間になったところで、レストランへ。
前回よりボリュームは減りましたが、むしろそれで適量。
それに1品1品のクオリティが上がってて、今回のが満足感が高いかも。
場所柄と言うべきか、サカナが新鮮でしたね。
金目とかウマかったっす。

部屋に戻ってレッツ飲酒タイム!
1番弱いワタシですが、がんばりましたよ!
サッカー見ながらどーでもイイ話をして飲んだくれていました。
基本はバカ話。
内容は例の如く書けません・・・。

その後、もう1度フロへ。
露天に浸かりながら、また適当にダベってました。
こうして4人でいるのも、不思議な縁って奴です。
基本的に、ネットで趣味を通じて知り合った仲間のワケですよ。
それが、こうして泊まりで旅行に来たり、飲んだくれたりしてるワケで。
ホント、人の出会いってのは不思議なもんです。
と、酔ってるくせにキレイにまとめましたw

部屋へ戻って軽く飲みなおして就寝。
おつかれちゃーん。

comments (0) trackback (0)
サブタイトル : 373系にはじまり、373系に終わる

はい、と言うわけで、伊豆急ウォークも今日で3回目です。
前回同様に、4回目(河津→伊豆急下田)はみんなで歩きたいなー、って感じ。
なので、3回目の今回は伊豆稲取→今井浜海岸→河津とショートコースに。

池上城をいつもの時間に出て、川崎からは373系。
相変わらずの乗車率ですが、川崎から1人なら座れないってコトはありません。
十分に睡眠をとって、熱海からは8000系。
8時半に、本日の出発点である伊豆稲取に降り立ちます。

●第11区 伊豆稲取駅→今井浜海岸駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆稲取駅出発:0830
山道ですねぇ。
ホントに山道ですねぇ。
そして、昨年と変わらず、山中にある意味不明な2車線道路。
#まぁ、1年やそこいらで大きく変わってても困りますがw
で、そんな山の中に、「日帰り温泉」を掲げる施設がありました。
まだ営業時間前だったようで、よく判りませんでしたが。
「秘湯」を名乗っていましたが、どうなんでしょ。
確かに公共交通機関でのアクセスには難ありですケド・・・。
そんなコトを考えているうちに国道へと出ます。
7.0km地点のワケですが・・・。
ここのローソンは潰れてますので、参加する方は注意してください。
と言うか、ワタシが通ったときには既に取り壊されて更地になってましたよ。
で、国道を歩いて、途中で海側に折れて、サンシップの横を抜けて駅へ。
この区間、3文字ラリーの難易度が高いので気をつけてください。
今井浜海岸駅到着:1040  距離10.3km(累計61.8km)

●第12区 今井浜海岸駅→河津駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
今井浜海岸駅出発:1040
この区間が3.0kmってウソだろ、どう考えても。
昨年とほとんど変わらないコースで距離が1kmも伸びるわけがない。
と、愚痴っても始まらないのでまぁ歩きますが。
途中から、足元がアスファルトじゃなくなります。
・・・まぁ、テクニカルコースの件もあるので驚きはしませんけどね。
あとはすんなり河津駅に到着できます。
短い区間だけに、見所もあんまりない気がします。
河津駅到着:1105  距離3.0km(累計64.8km)


さて。
伊豆急ウォーキングは、今日はココまでですが。
まだお昼前です。
このままワタシが帰るワケがなかろうにwww
と言うコトで、次なる目的地は・・・はい、修善寺温泉です!
別にルーレットとかダーツで決めたわけではないので念のため。
昨夜から考えていました。

いやー、実は、以前から「バスで天城越え」ってのをやってみたかったんですよ。
と言うコトで、それを実行に移してみました。
東海バスで天城越え。
やってきたのはワンロマ車、まぁそうだろうな。
最前列が空いていたので、しっかりそこを確保させていただきました。
山道をうねうね~って感じで登っていきます。
河津七滝ループ橋もしっかり堪能。
天城トンネルを抜けた先には天城峠バス停があるわけですが。
需要あるのかな、このバス停は(お
んで、またまたうねうね~って感じで山を下ると修善寺温泉口。

ここでバスを降りて、修善寺温泉へと向かいます。
やっぱ伊豆に来たら温泉に入らないとね。
湯の郷村という、立寄湯へ行ってきました。
時間帯のせいなのか、温泉街の奥地の方と言うロケーションのせいなのか。
入ったときはワタシの他に数名、と言う状況でした。
#もちろん、女湯はどうか知りませんがwww
おかげでゆっくり温泉を堪能できました。
湯温もそんなに熱くなく、ずっと入っていても平気なくらい。
堪能した堪能した。

といった所で、バスで駅へ向かって伊豆っ箱。
1100系と言う名の西武701系。
いやー、うん、西武の匂いがするなぁwww
これで三島まで・・・ではなく、途中の大場で下車。
何故かって? 決まってるじゃないですか。

QMArkingですよ、QMArking。
そんな訳で、実は静岡県初プレイ。
三島市のジョイランドAMみしま校です。
パチンコ屋とか映画館とかが入っているらしい、総合アミューズメント施設でした。
周辺に遊ぶところがないのでしょうか、結構繁盛している模様。
QMAも稼働率が高いようで、ワタシが行った時は1サテしか空いていませんでした。

再び大場へ戻って、三島経由で沼津へ。
ちなみに、三島→沼津はちょん行でしたwww
駅前の2校を巡ります。
まずは駅すぐ横のサードプラネットへ行ったのですが、満席だったので後回し。
ポケットハウスでプレイしてきました。
調子が悪くて、サイクロに転落 or2
白銀でサイクロって、どんだけー。
んで、サープラに戻ってこちらもしっかりプレイ。

沼津から富士へ移動して、ぷれいはうすぱぴー校。
ナニこの場末感溢れるビルはwww
改装中みたいだったけど、それでもあんまりだよ(お
ただ、QMA環境は申し分ありませんでしたけどねwww

時間的に余裕があれば静岡市内まで攻め込みたいところだったのですが。
どうやらそろそろタイムリミットのようです。
今日の帰りは338Mと決めていたので、ね。
小腹が減っていたので、駅近くのイトーヨーカドーで食料と飲料を調達。
アルコールは買いませんでした。
どうせ寝ちゃうのは目に見えてるのでwww

本日2度目の373系で一路川崎を目指します。
モノ食ったりしてたので、沼津あたりまでは起きていましたが。
その後の記憶は戸塚までありませんwww
名残惜しいものの、川崎で373系に別れを告げる。
あとは京浜線と池上線で帰還。
お疲れ様でした。

comments (2) trackback (0)
さて、月も変わって12月。
早速行ってまいりました、伊豆急行沿線ウォーキング。
そしてやっぱり、例のごとく5時前に起き出して、川崎から373系。
熱海で8000系に乗り換えて、伊豆高原下車。
さぁ、今日も気合入れて歩くぞー!

●第6区 伊豆高原駅→伊豆大川駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
伊豆高原駅出発:0815
おー、なんか見覚えのあるマップだなぁ。
てか、城に帰って見比べたら去年のマップとほとんど変わりなしです。
例の「3文字ラリー」のためにちょっと遠回りしてる分だけ違うと言う感じ。
あれ?
遠回りしてるのに距離が短くなってるって、どーいうことだ?
3文字ラリー「A」で激しく迷いました・・・。
「海一望」というポイントがあるのですが、絶景かな絶景かな。
伊豆大川駅到着:0945  距離7.6km(累計34.5km)

●第7区 伊豆大川駅→伊豆北川駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
伊豆大川駅出発:0950
相変わらず旧道ルート。
もっとも、このあたりは国道を歩くか、旧道を歩くかのどちらかになってしまうのでしょうが。
北川駅手前の、線路をくぐるあたりって、意外といい写真が撮れそうなんですよね。
残念ながらタイミングが合わずに撮影できませんでしたが。
伊豆北川駅到着:1025  距離3.0km(累計37.5km)

●第8区 伊豆北川駅→伊豆熱川駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
伊豆北川駅出発:1030
引き続き旧道ルート。
そして、昨年に引き続き北川駅を出発直後の急勾配。
かなり喘ぎながら登って、なんとか旧道に出ることが出来ましたが・・・。
まさか今年もココを登ることになるとは思いませんでしたよ。
順調に歩いていたら、突然防災無線から。
♪となりのトットロートットーロー(Voなし)
の音楽が流れてきてビックリ。
てか、昨年もそんなことを書いたような気がするんですが・・・。
やっぱり11時でしたよ? なんで12時じゃないんだろ。
伊豆熱川駅到着:1115  距離3.3km(累計40.8km)

●第9区 伊豆熱川駅→片瀬白田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆熱川駅出発:1120
山道を離れて海岸線に。
やっぱり海沿いは平坦で歩きやすいなぁ。
それにしても、思ったより波が高くてビックリ。
風もないのに、なんで波が高くなるんだろう・・・。
片瀬白田駅到着:1155  距離2.6km(累計43.4km)

●第10区 片瀬白田駅→伊豆稲取駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
片瀬白田駅出発:1205
本当は今日は片瀬白田までの予定だったんだけど。
まだ行けるって気分になったので、もう1区間歩くことに。
この区間、8.1kmと長い上にコースレベルはC。
そして、国道を外れてから連続する急な登り坂。
でも、それを登った先から見下ろす風景は絶景かな。

絶景写真

それにしても、10区目ともなると3文字ラリーが面白くありません。
1文字目を見つけた時点で、残り2文字が推測できてしまうと言う(お
伊豆稲取駅到着:1355  距離8.1km(累計51.5km)

さぁ、今日の温泉に向かいましょう。
何気に伊豆へ歩きにくる時の楽しみになりつつあります、歩いた後の温泉が。
今日はちょっと興味をそそられた立ち寄り湯があるのでそこへ。
まず、伊豆高原まで電車で戻ります。
そこからは無料送迎バスが出ています、赤沢日帰り温泉館です。
URL見ての通り、化粧品で有名なところが買った施設らしいです。
そーいう特性からか、行きの送迎バスはワタシとドライバーを除いて他は女性ばかり。
現地には普通に男性もいて安心しましたが、一時はどうなるかと思った、マジで(お
#意外と小心者のみなっち。

温泉は内湯、露天とも広くて、何人でも入れそう。
それより、お風呂からの眺めが最高です、マジで。
伊豆諸島が良く見えます。
大きいのが大島、三角のが利島、平たいのが新島、その右にうっすら見えるのは式根島かな?
まさに絶景かな・・・ってこの言葉、何度目だ(お
ちなみに、3Fと4Fが大浴場で、男性/女性に日替わりで割り当てられる模様。
今日は4F男性でした。
あの景色で温泉に入れるのと、駅からの無料送迎と、DHCのアメニティが使い放題というのを考えると。
1600円と言う入館料は、まぁ妥協できる範囲かな、と。

無料送迎バス(今度は男性客もいた)で伊豆高原駅へ戻り、伊東行きに乗車。
伊東からは東京行きに揺られて川崎まで。
当然、疲れているところに温泉で温まったためぐっすり寝てました。
川崎で下車して、飯でも食おうと。
久しぶりにBEのなんつッ亭にいってらーめん食らってきました。
あとは反01系統で帰還、お疲れ様でした。

↓今日の成果
伊豆高原→伊豆稲取

comments (0) trackback (0)
さぁ、今年もこの季節がやってまいりました。
第4回伊豆急全線ウォーク「電車物語2ndシーズン」です。
ちなみにこの企画ですが、ワタシは第3回から参加しています。
第3回の様子はこちらからどうぞ。
2006/12/10 電車物語 Episode01
2006/12/16 電車物語 Episode02
2007/01/04 電車物語 Episode03
2007/02/25 電車物語 Episode04 完結編

●基本ルール
・伊東から伊豆急下田へ向かう方向で歩く(逆向き無効)。
・出発駅の入場券を購入。
・到着駅で入場券に証明スタンプを押してもらい、記念品を受け取る。
・全区間歩くと、伊豆急下田駅で完歩記念がもらえる。
・1日何区間歩いてもok、ただしスタートは0800、ゴールは1600まで。

さて、こうなると朝は早いです。
起床は0450ですよ。
んで、サクッと準備して0510には城を出ます。
池上線と京浜東北線を乗り継いで、川崎からは321M。
ご存知、特急車両を使った普通列車という、東海道線の乗り得列車です。
むっちゃ寝てた、ガッツリ寝てた。
危なく熱海で乗り過ごすところだった(お

熱海からは伊豆急8000系。
ってか、この車両がJR線に乗り入れてて、JRの乗務員が走らせてると思うとフシギー。
ちなみに、熱海停車中から寝てたので良く知らないケドさw
伊東で下車、時刻は0745。
今回も、改札横のドトールで朝食タイムでしたw

●第1区 伊東駅→南伊東駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊東駅出発:0815
おー、今回はいきなり海辺に出るんですねぇ。
そして、途中からは去年のトレスですよね?
今回は「3文字ラリー」とかあって、それを探すのも楽しみの1つですが。
ココは簡単だったな。
難しいところもあるらしい。
南伊東駅到着:0855  距離:3.4km(累計3.4km)

●第2区 南伊東駅→川奈駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
南伊東駅出発:0900
コース半ばまでは山道。
でも、そこからはなんか街中って感じのところを歩くんですねぇ。
ていうか、個人宅を事務所としていると思われる会社に3文字ラリーがあるんですが(汗
アップダウンはあるものの、それなりに歩きやすかったです。
川奈駅到着:1000  距離5.4km(累計8.8km)

●第3区 川奈駅→富戸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
川奈駅出発:1005
おおぅ、これは前回のコースと同じですね。
マップを見た瞬間に、「あれ?」って思いましたwww
それにしても、相変わらずスケールのいい加減なマップだなぁ。
そうそう。
ココの3文字ラリーBですが。
ちょうど表示の前にクルマが止めてあって、危うく見落とすところでしたよ。
設置場所、もうちっと考えて欲しいなぁ・・・。
富戸駅到着:1125  距離7.7km(累計16.5km)

●第4区 富戸駅→城ヶ崎海岸駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
富戸駅出発:1135
おぉ! 普通に富戸漁港の中に入ってくコースなのですね。
結構、うねってる様に見えましたが、今日もたくさんのダイバーがいました。
と言うか、「警告看板横の階段を上る」って、どこの事だか判らないって!
・・・城ヶ崎ピクニカルコース?
城ヶ崎テクニカルコースの間違いだろコレ(お
城ヶ崎海岸駅到着:1250  距離5.2km(累計21.7km)

●第5区 城ヶ崎海岸駅→伊豆高原駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
城ヶ崎海岸駅出発:1305
またしてもダイビングポイントとして名高いIOP(Izu Oceanic Park : 伊豆海洋公園)を通るのですね。
そしてその先は・・・またピクニカルコースなの!?
っていうか、コレ、ピクニカルでもテクニカルでもねぇぞ。
城ヶ崎トレッキングコースだろ、コレは!
いがいが根で普通の道に出るも、そこからがまた長かったぜ・・・。
伊豆高原駅到着:1425  距離5.2km(累計26.9km)

いやー、かなり歩いたなー。
26.9kmって事は、だいたい、東京から横浜まで(営業キロで28.8km)と同じくらいですよ。
もう足が悲鳴を上げてます。

で、昨年同様に高原の湯で疲れを癒す。
いやー、距離とコース難易度の違いもあるでしょうが。
去年とは段違いの疲労ですよ。
てか、筋肉痛になること間違いなし。

高原駅からは200系でぐっすりお休みモード。
熱海で乗り換えても、やっぱりぐっすりモード。
川崎で京浜線に乗り換えて、池上線で帰還。
お疲れ様でした。
明日は少しゆっくり寝ていよう・・・。

と言うことで、本日の成果↓
伊東→伊豆高原

comments (2) trackback (0)
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の7件>>
  
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face