<< July/2017
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の7件>>
  
【今シーズンの過去ログ】
伊豆急全線ウォークChallenge Episode01020304050607
【昨シーズン以前の過去ログ】
電車物語ラウンドトリップ Episode01020304050607
電車物語2ndSeason Episode01020304
電車物語 Episode01020304

さて、今シーズンの最終回となりました。
もちろん、最終回はお泊りコースになるわけです。
今回のお泊り参加者は北1010番街、M.Hayashi、わいいち、みなっちの4名です。

と言うことで、ウォーキングを高原から残しているわいいちは高原から。
ワタシは富戸で合流する段取りとなりました。
M.Hayashiと熱海で合流して、8000系に揺られながら富戸を目指します。
伊東を出たところでわいいちにメールを飛ばすと、既に富戸へ到着しているようです。

●第13区 富戸駅→川奈駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
富戸駅出発:1120
ということで、わいいち、M.Hayashiとともに歩き始める本日1区間目。
この区間はコース内でも屈指の「退屈な」区間です。
独りで歩くとかなりココロが折れそうになります。
そんな時はだいたいmp3プレーヤのお世話になるんですけどね。
今回は3人であるくということで、安心して歩を進めることが出来ました。
序盤戦としてはこんなもんでしょうか。
川奈駅到着:1300  距離7.3km(累計151.6km)

●第14区 川奈駅→南伊東駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
川奈駅出発:1320
併設の東急ストアで物資調達などを済ませて、4人でスタートを切ります。
まぁ、4人でいろいろどうでもいいことを話しながら歩くわけですが。
ホント、自重しないなこのメンバーの会話は。
そして、その実、全く中身が空っぽであると言うのがポイントです。
どうでもいい話をどんどん広げていくと。
ワタシはそんな、無駄に洗練された無駄の無い無駄な会話が大好きです。
南伊東駅到着:1435  距離6.2km(累計157.8km)

●第15区 南伊東駅→伊東駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
南伊東駅出発:1440
南伊東駅を出発してほどなく、今夜の宿となる伊東小涌園が見えてまいりました。
もちろん、一旦チェックインしていくわけです。
荷物(着替えとかね)をおろしたり、ゴール手続きに必要な記入項目を先に記入したり。
少しゆっくりしていたわけですが、このままでは根っこが生えてしまう。
と言うことで、気合を入れて立ち上がり、徒歩で伊東駅を目指します。
入場券を購入して伊豆急案内所へ。
こちらでゴール手続きです。
伊東駅到着:1540  距離2.2km(累計160.0km)

いやー、今シーズンもお疲れ様でした。
完歩賞のコレクションボックスと、両ルート完歩賞のタオルブレスレットを受け取ります。
ちなみに、上りルート完歩は877番目の完歩者でございました。

さて、宿へ戻ってお隣のマックスバリュへ買出しです。
あ、ちなみにあてがわれた部屋からの眺めは、ベスト・マックスバリュ・ビュー、略してBMVでした。
酒やらツマミやら、いろいろ買い込んで部屋へ持ち込みます。
念のために申し上げておくと、持ち込みは公認ですよ。
部屋へ案内されたときにそう言われましたのでwwwww

続いてお風呂です、温泉!温泉!
今日は気温も高かったので結構汗とかかいてまして。
それを流してからいざ湯船へ。
ふぅ~、癒されるわぁ~。
露天のいい雰囲気で満足です。

そして夕食です。
レストランで頂いたわけですが、これが魚介類づくし。
刺身、焼き物、煮物と魚と貝のオンパレードでした。
いやー、実に新鮮で美味。
量もちょうど良い感じで、ぺろりと頂きました。

部屋に戻ってからは2次回というか、飲み会が始まるわけです。
そして、速攻で轟沈するのがワタシです。
あ、いや、ビール飲んでチューハイ飲んで、その辺までは起きてましたけどね。
そのうちこう、ウトウトしてきて。
「布団で寝れば?」というアドバイスに素直に従い、おやすみなさい。

んで、ひと眠りして起きたところで、まだ残っているようなので少し飲んでみたり。
寝る前に一風呂浴びて、就寝いたしましたとさ。

完歩の証
完歩の証。
下りルートがピンズ、上りルートがファスナートップです。

comments (2) trackback (0)
さてさて。
残す区間も少なくなってまいりました。
今シーズン7日目となります、伊豆急全線ウォーク。
さぁ、今日も張り切ってまいりましょう。

●第8区 伊豆熱川駅→伊豆北川駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆熱川駅出発:0855
歩きやすいコースですね。
特筆すべきこともないです。
最初の階段と、最後の急坂がキツいくらいです。
あー、北川駅へ曲がるポイントは案内が立てられてたのですぐ判りました。
前回は曲がるところを見落として行き過ぎたっけなぁ・・・。
伊豆北川駅到着:0925  距離2.6km(累計125.3km)

●第9区 伊豆北川駅→伊豆大川駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆北川駅出発:0930
このあたりは短い区間が続きます。
そしてこの区間は下田方面・伊東方面とも全く同じコースです。
例年、あまり代わり映えのしないコースですし、たぶん、ソラでも歩けると思います。
あと、ワタシが行くタイミングなのかどうか。
大川駅っていつも駅員さんが複数いる気がします。
やっぱ、某教対応なんでしょうか。
伊豆大川駅到着:1000  距離2.7km(累計128.0km)

●第10区 伊豆大川駅→伊豆高原駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
伊豆大川駅出発:1015
さて、本日の最長区間ですね。
その割には10kmを超えていませんから、この辺りの駅間の短さが察せられます。
まぁ、今日歩く区間に北川・城ヶ崎海岸と2駅も棒線駅がありますしね。
そしてこの区間も、距離があるだけでアップダウンはたいしたことないので歩きやすいです。
そうそう、伊豆高原ではプチトラブルがありましたw
間違って下りの景品を渡されると言う。
ワタシもよく確認せずに受け取ったのもよくないのですが。
数秒後に駅員さんとワタシと、同時に気付きました。
 男性「スイマセン、これ・・・」(と、駅員さんの方へ振り返る)
 駅員「お客さん、ちょっと!」(と、ワタシを呼び止める)
参加されてる方は、受け取った際にちゃんと確認しましょうね。
伊豆高原駅到着:1135  距離8.0km(累計136.0km)

●第11区 伊豆高原駅→城ヶ崎海岸駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆高原駅出発:1145
問題回収のためにルネッサ城ヶ崎まで行かなければならないのでコース通りに。
とくに目を見張るものもありませんねぇ。
ソメイヨシノの並木道なので、桜の季節に来ると最高なんでしょうけど。
残念ながら、すでに葉桜となっておりました。
城ヶ崎海岸駅到着:1230  距離3.8km(累計139.8km)

●第12区 城ヶ崎海岸駅→富戸駅 コースレベルB(アップダウンがあるコース)
城ヶ崎海岸駅出発:1235
あとはもう勢いでダラダラっと行きますか。
ダイバー的には気になって仕方の無い富戸漁港。
ヨコバマはそうでもありませんが、脇の浜はちょっと波が立ってましたね。
でも、フロートが浮いてたから、潜ってるチームはあったんだと思います。
そして、毎度おなじみ、富戸駅へと登る心臓破りの坂・・・。
富戸駅到着:1315  距離4.5km(累計144.3km)

あとは普通に帰還しました。
疲れが心地よくて、電車の中はとてもよく眠れましたよ。
さて、次回はいよいよファイナルです。

comments (0) trackback (0)
321Mはダイヤ改正後も373系でした。
コレで安泰。
春休みのせいなのか、川崎から座れませんでした。
横浜で座れたので良しとしますか。
いつものように熱海で乗り換えて、今日は河津からです。

●第4区 河津駅→今井浜海岸駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
河津駅出発:0840
さぁ、今日も頑張ってまいりましょう。
今井浜海岸駅は9:15からですから、かなりゆっくりペースで進みます。
もちろん、所定のコースではなく、最短ルートとなる国道を歩くんですけどね。
やっぱり速攻で着いちゃいました。
ま、準備運動にはちょうどいいくらいじゃないですかね。
今井浜海岸駅到着:0900  距離2.8km(累計99.7km)

●第5区 今井浜海岸駅→伊豆稲取駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
今井浜海岸駅出発:0905
さて、今日は伊豆熱川までを目指すのですが。
残りの区間が全部レベルCなんですよね・・・。
と言っても、最短経路となる国道を歩くワタシにはあんまり関係ありませんがね。
万歩計によれば、この区間で実際に歩いた距離は5.5kmのようですよ。
ま、そんだけ遠回りのコースが設定されているわけです。
伊豆稲取駅到着:1020  距離9.8km(累計109.5km)

●第6区 伊豆稲取駅→片瀬白田駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆稲取駅出発:1025
引き続き、国道を北上するショートカットコースを歩きます。
問題も往路で拾えちゃってますし。
あと、山道がキツいんですもん、この区間www
クルマがびゅんびゅん走る国道、歩道なしなので怖いですけど。
慣れですよ、慣れ。
片瀬白田駅到着:1120  距離8.3km(累計117.8km)

●第7区 片瀬白田駅→伊豆熱川駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
片瀬白田駅出発:1125
この区間は、問題が拾えていないので、所定のコースを辿ります。
まぁ、最初のところはちょっとだけショートカットしましたがw
でも確か、コレって前回のコースの逆とレスなんだよなぁ。
記憶をたどってみましたが、問題の建物がどっちだったかは思い出せませんでした。
てことで、実際に見て把握。
伊豆熱川駅到着:1225  距離4.9km(累計122.7km)

今日はここまで。
あとは4月に熱川→富戸、5月は富戸→伊東の予定です。
ほげーっと8000系→211系で帰還しました。

comments (0) trackback (0)
ようやく復路にとりかかりました。
いつもの321Mで・・・と思ったのですが、寝坊して出遅れ。
1本あとになりましたとさ。
時刻表を確認したところ、321MにGマークが付いていませんでした。
ってことは、改正後も373系で運転ということですよね?

●第1区 伊豆急下田駅→蓮台寺駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆急下田駅出発:0935
伊豆急下田駅では、まずは往路ゴール手続きから。
ルート問題の記入漏れで手続きしていなかったんですよねー。
ということで、背中にコレクションボックスを背負っての出発になりました。
復路は硬券入場券でのウォーキングになりますので、日付印を押して貰ってのスタートです。
って、あ、しまった。
せっかく買った歩数計を忘れてきた・・・。
しょっぱなからやっちまったぜ or2
蓮台寺駅到着:1005  距離3.0km(累計83.5km)

●第2区 蓮台寺駅→稲梓駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
蓮台寺駅出発:1010
この区間もそれほど長くはなく。
短い区間が続くので、蓮台寺は単式ホームでも良かったんじゃないかと。
そんなことをときどき思うのですが。
きっと、ダイヤ乱れの時に伊豆急下田の満線に備えてるんだろうなー。
ところで、近年の蓮台寺の地盤沈下っぷりが、なんか可哀想なほどです。
券売機も撤去されたほどです。
稲梓駅到着:1050  距離3.6km(累計87.1km)

●第3区 稲梓駅→河津駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
稲梓駅出発:1055
さて、本日のメインイベント。
これまでの2区間なんてウォーミングアップでしかありません。
いやマジで。
例の、特撮採石場もしっかり眺められましたし。
だらだらとしながらも、なんとか河津へたどり着きました。
河津駅到着:1245  距離9.8km(累計96.9km)

駅前の蕎麦屋で昼食をいただいて、8000系で熱海へ。
風規制をやっていたようですが、熱海からの東京行きは定時で走りました。
助かったー。

で、どこへ行くかといえば秋葉原です。
われながら元気だなおい。
magnet -favorite plus-とボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?を購入。
今日は第2土曜日で、ポイント2倍付く日なんですよ。
コレを逃す手はないと思いまして。
秋葉原もちょろっと見て回りたかったし。

ま、そんな感じで帰還。
今月中にあと1回は行きたいところ。

comments (0) trackback (0)
毎度伊豆へ歩きに行っていることをこうやってブログに書いているわけですが。
マイミクのしおりさんが行ってみたいというので、お誘いして行ってきました。
が、そうは問屋が卸さず。
しおりさんは新幹線で熱海まで来る予定だったわけですが。
東海道新幹線、絶賛運転見合わせ中。
在来線で熱海までおいでいただきました。
合流して、リゾート21で河津へ向かい、いざ歩き始めます。

●第13区 河津駅→稲梓駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
河津駅出発:0955
上下合わせて30区間設定されているわけですが。
その中でも最長の14.5kmを誇る河津→稲梓でございます。
山に入るまでは平坦。
登り始めると1時間近く登りが続く、なかなかにハードなコースです。
その代わり、川沿いに出てからはだらだらと川に沿って下っていく感じ。
登りさえ乗り切ってしまえば、あとは距離が長いだけのコースです。
しおりさんは、さすがは運動をアレコレいろいろとやられてる方でした。
「最初の登りがずっと続くようならキツいけど、これくらいなら」との感想でした。
そしたら、あとは楽勝ですよ!
まぁ、国道から稲梓駅へ入る道へ曲がったところで「何あの高さ」って驚いてましたけどね。
稲梓駅到着:1245  距離14.5km(累計73.6km)

●第14区 稲梓駅→蓮台寺駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
稲梓駅出発:1300
所定のコースを進みます。
ま、堤防の上ですよね。
セブンイレブン近くの直売所は、道路に背を向けてやがりました。
しおりさんと「みかん売ってたら食べたい」って話をしていたのですよ、前の区間から。
というか、登り坂の間は無人直売所がちらほらあったのに。
行になった途端、ぱったりとなくなってしまいまして。
荷物になるのを覚悟で、登りの直売所で買えばよかった、みたいな。
・・・でも、本当に、あんなにたくさんはいらないんだよなー。
蓮台寺駅到着:1335  距離4.0km(累計77.6km)

●第15区 蓮台寺駅→伊豆急下田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
蓮台寺駅出発:1345
いよいよ最終区間です。
ココを歩き着れば往路完歩になるわけなんですが。
問題の答えを控え忘れておりまして。
困ったものです。
結局、下田駅では蓮台寺→下田の区間賞だけ貰うだけになってしまいました。
まー、復路スタートでまた下田へは来るからそのときに完歩手続きってことで。
伊豆急下田駅到着:1415  距離2.9km(累計80.5km)

その後、駅前の地魚料理の食事処で遅い昼食。
突き出しが出てきたのですが、コレは・・・!
み「これは酒が欲しくなるな」
し「じゃ、飲んじゃう?」
あっさり陥落する2名、まんまと術中にハマった気がします。
ちょいと後半慌ただしく食事を済ませて駅へ。

1501の特急に飛び乗って帰還いたします。
いい感じに酔いも回ってきて、ガッツり寝ておりました・・・。
東京まで乗っていくしおりさんと分離して、ワタシは京浜線と池上線で帰還。

あんな感じで毎回歩いていますが、いかがだったでしょうか・・・?
とにかく、今日はお疲れさまでしたー>しおりさん

comments (2) trackback (0)
さて、前回から約1ヶ月半。
やはり2009年中に往路は完歩出来なかったわけですが。
ようやく、行くチャンスが巡ってきたので行ってきました、伊豆急ウォーク。
いつもの373系から8000系へ乗り継いで伊豆熱川に降り立ちます。
この列車、伊豆高原で3両切り落としなので、以遠へ行く時は気をつけなきゃですね。

●第9区 伊豆熱川駅→片瀬白田駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆熱川駅出発:0825
あぁ、いつもの海沿いの道ね、はいはい。
流石に4回目ともなると慣れたモンです。
初回とかはコースマップとにらめっこしながら歩いたものでしたがねw
片瀬白田スタートが9:15からなので、だいぶゆっくり歩いたのですけれど。
それでも9:00前には到着してしまいました。
片瀬白田駅到着:0855  距離2.5km(累計40.8km)

●第10区 片瀬白田駅→伊豆稲取駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
片瀬白田駅出発:0900
丁度出勤してきたと思われる駅員さんが、シャッター開けたりしていました。
「ウォーキングの方? ちょっと待ってくださいね」
と、時間前でしたが対応してもらえました。ありがとうございました。
ここもまぁ、いつものコースですね。
ホントに急な坂を上るから、キツいんですよねー、ココ。
そして、後半は魚八の方へ曲がらずに上りコースを逆トレスするのは所定ですwww
伊豆稲取駅到着:1025  距離7.7km(累計48.5km)

●第11区 伊豆稲取駅→今井浜海岸駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆稲取駅出発:1030
所定のコースだと、コレは確か、山中にある謎の2斜線道路ですよね確か。
ですけど、みなっちはそんなコースを歩きません。
稲取小を回り込んだところで国道に出て、上りコースを逆トレスします。
そして、この区間は国道が駅間最短のわけなので。
上りの時にラクを出来るように、上下両方の問題を拾っておきました。
その分、少し遠回りになりましたけどねw
え、あぁ、歩道の無い国道を歩くのはもう慣れましたwwwww
今井浜海岸駅到着:1215  距離8.6km(累計57.1km)

●第12区 今井浜海岸駅→河津駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
今井浜海岸駅出発:1220
そしてこの区間も。
登りルートで楽をするために、上りの問題を拾いに行きました。
や、だって、今井浜海岸の駅からすぐだし。
ちなみに、下りの所定ルートは、もうマップを見なくても歩けます。
問題の写真も、見た瞬間に「あ、こっちだ」って判りましたし。
そんなワケで、もう、あっという間に到着ですよ。
河津駅到着:1245  距離2.0km(累計59.1km)

と言うことで、往路の残りは河津→稲梓→蓮台寺→伊豆急下田の21.4kmです。
1月中には行ってきたいなー、と思ってます。

さて、いい時間なので昼食かな・・・と思ったものの。
丁度よく上り列車が来る模様。
とりあえず乗ってから考えればいいか。
・・・。
結果から言えば。
結局、何も食べないまま川崎のラーメンシンフォニーまで来てしまったワケです。

今後の目標。
1月:往路完歩。
2月~5月:各月1回ずつの4回で復路完歩。

comments (2) trackback (0)
はい、前回から1ヶ月が経っております。
「年内に往路」とか言っていた気もしますが、本当に行けるのかな?
12月は忘年会とか忘年会とか忘年会で週末は結構埋まっているのに・・・。

いつもの321Mで熱海へ。
MLながらが臨時化され、出庫運用になったので空気が淀まなくなりました。
良いことです。
もちろん道中はぐっすり。
川崎で通路側しか確保できなかったのですけど。
幸い、窓側の方は熱海以遠へ行かれる方だったようでゆっくり眠れました。
あと、車掌が好きモノだったのか、東海車内チャイム鳴らしてましたwww
熱海からはいつもの8000系で富戸下車です。

●第4区 富戸駅→城ヶ崎海岸駅 コースレベルB(アップダウンのあるコース)
富戸駅出発:0805
ふむ、このコースなら普通に辿りますか。
さして遠回りじゃないので上りの問題も回収してしまうって手もあったんですがね。
せっかくなので止めておきましたw
しょっぱなから飛ばすとあとでへばるので、抑え目で入ったのですが。
それでも標準時間より早く到着です。
城ヶ崎海岸駅到着:0845  距離3.5km(累計20.3km)

●第5区 城ヶ崎海岸駅→伊豆高原駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
城ヶ崎海岸駅出発:0850
ここは・・・もちろん最短コースを歩くしかないですね。
ってことで、通りを直進して郵便局の手前で左折だな。
そんなことを考えていたら、あやうく問題の協会を行き過ぎるところでしたよ。
危ない危ない。
伊豆高原駅到着:0915  距離2.9km(累計23.2km)

●第6区 伊豆高原駅→伊豆大川駅 コースレベルC(急なアップダウンがあるコース)
伊豆高原駅出発:0925
例のごとく、いつものコースですwwwww
あー、でも、つり橋の方とか行ったりしてますけど。
危うく自然研究路で迷子になりかけました。
いやー、もうちょっと案内を充実して欲しいって言うか。
落ち葉で進むべき道が埋もれてて、コースなのかどうか見分けづらい・・・。
その後は所定のコースでした。
伊豆大川駅到着:1110  距離10.0km(累計33.2km)

●第7区 伊豆大川駅→伊豆北川駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆大川駅出発:1120
あー、ここもいつものコースだわ。
しかも、上り下りともに同じコースが設定されているんですね。
故に問題も、片道歩くだけで両方回収できますねw
なんて事を考えていたら、下り問題をしっかり取りこぼしました。
ま、上りのときに回収すればいいか。
伊豆北川駅到着:1155  距離2.7km(累計35.9km)

●第8区 伊豆北川駅→伊豆熱川駅 コースレベルA(歩きやすいコース)
伊豆北川駅出発:1200
お約束となりました北川駅前の急勾配。
相変わらずキツい勾配でしたが、ナンとかクリアしました。
あとはダラダラッと。
さくらやま展望台から見える景色が下り問題だったのですが。
写真だけ見て「あ、これだろうな」と予想して現地へ行ったら。
見事に予想を裏切られましたwww
伊豆熱川駅到着:1235  距離2.4km(累計38.3km)

さて、今回と次回で河津まで、という目標を立てたので。
だいたいの中間地点となる熱川で区切る事にしました。
この先、片瀬白田まで行ってもいいのですけど、バランスが悪くなるので。
あと、片瀬白田が0915からだと言うのもちょっとネックです。

ということでお帰りの体制に入ります。
まず、熱川の伊豆急トラベルで硬券入場券セット3種を購入。
これは上りルートで使いたいと思います。
下りルートは既に始まっちゃいましたし、軟券のまま下田まで行こうかと。
もうちょっと早く発売してくれていれば、往復とも硬券を使ったんだけどなー。

8000系で熱海へ、そして211系で川崎へ、んで帰還。
次はいつ行けるかなぁ・・・。
果たして、年内に下田まで辿り付けるかなぁ・・・。

comments (0) trackback (0)
  
<<前の7件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の7件>>
  
INFOMATION
 地震で被災された皆さまには
 心よりお見舞い申し上げます。
 2011.03.14
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHER
SEARCH
POWERED BY
 Script by ⇒ BLOGN+(ぶろぐん+)
 Skin by ⇒ vivid*face